日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰後もマスクかぶらず…G阿部の捕手復帰は“消滅”なのか

「復帰後は捕手? そうや、体調に問題がなければ、慎之助は捕手や!」

 巨人の村田ヘッドコーチが威勢よくこう言っていたのは、交流戦開幕を2日後に控えた5月29日のことだった。

 あれから2カ月。肩の不調で出遅れていた阿部慎之助(37)は復帰40試合目となった今月24日のDeNA戦で4番に戻ったものの、いまだにマスクは一度もかぶっていない。チーム内には今も、「やはり経験と安心感がまったく違う」と捕手阿部を待望する声がある。高橋由伸監督も恐らく気持ちは同じだろう。

 昨年、一塁にコンバートされた阿部を、「捕手に戻す」と決めたのは、そもそも指揮官だった。「捕手阿部は強い巨人の象徴」とし、阿部もこれを快諾。もともと、一塁への転向は原前監督の方針で、チーム事情と自らの体調を考えてコンバート案をのみはしたが、阿部には捕手に強いこだわりがあった。にもかかわらず、5月末に一軍復帰後も一塁でのスタメン出場が続いているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事