巨人阿部は失策が安打に…“記録訂正”に泣いた名打者たち

公開日:  更新日:

 今年の阿部は無理だろうが、過去にはそれで泣いた選手もいる。

 日本野球機構(NPB)は4日、6月30日に行われた巨人-中日戦の公式記録の訂正を発表。巨人・阿部の九回裏の打撃結果を「二飛失策」から「右前安打」に訂正した。

 今季の阿部は右肩故障で大幅に出遅れ、もっか規定打席には遠く及ばず、打撃もパッとしない。首位打者とは無縁だし、ここで安打が1本増えても記録に影響するものではないが、かつてはヒット1本でじだんだ踏んで悔しがった選手もいる。

 例えば、巨人OBの篠塚和典は84、87年に首位打者のタイトルを取っているが、81年(当時は利夫)は、.358の阪神・藤田平に1厘及ばずタイトルを逃している。

 その10年後の91年には、ヤクルト2年目の古田敦也が.3398で、セの捕手では初のタイトルを手にし、.3395だった中日・落合博満の6度目の首位打者を阻んだ。篠塚、落合両氏とも、あと1打席で1安打していれば打率トップに立っていたわけだが、この2人は複数回頂点に立ったことがあるからまだいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る