• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人阿部は失策が安打に…“記録訂正”に泣いた名打者たち

 今年の阿部は無理だろうが、過去にはそれで泣いた選手もいる。

 日本野球機構(NPB)は4日、6月30日に行われた巨人-中日戦の公式記録の訂正を発表。巨人・阿部の九回裏の打撃結果を「二飛失策」から「右前安打」に訂正した。

 今季の阿部は右肩故障で大幅に出遅れ、もっか規定打席には遠く及ばず、打撃もパッとしない。首位打者とは無縁だし、ここで安打が1本増えても記録に影響するものではないが、かつてはヒット1本でじだんだ踏んで悔しがった選手もいる。

 例えば、巨人OBの篠塚和典は84、87年に首位打者のタイトルを取っているが、81年(当時は利夫)は、.358の阪神・藤田平に1厘及ばずタイトルを逃している。

 その10年後の91年には、ヤクルト2年目の古田敦也が.3398で、セの捕手では初のタイトルを手にし、.3395だった中日・落合博満の6度目の首位打者を阻んだ。篠塚、落合両氏とも、あと1打席で1安打していれば打率トップに立っていたわけだが、この2人は複数回頂点に立ったことがあるからまだいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る