巨人阿部は失策が安打に…“記録訂正”に泣いた名打者たち

公開日: 更新日:

 今年の阿部は無理だろうが、過去にはそれで泣いた選手もいる。

 日本野球機構(NPB)は4日、6月30日に行われた巨人中日戦の公式記録の訂正を発表。巨人・阿部の九回裏の打撃結果を「二飛失策」から「右前安打」に訂正した。

 今季の阿部は右肩故障で大幅に出遅れ、もっか規定打席には遠く及ばず、打撃もパッとしない。首位打者とは無縁だし、ここで安打が1本増えても記録に影響するものではないが、かつてはヒット1本でじだんだ踏んで悔しがった選手もいる。

 例えば、巨人OBの篠塚和典は84、87年に首位打者のタイトルを取っているが、81年(当時は利夫)は、.358の阪神・藤田平に1厘及ばずタイトルを逃している。

 その10年後の91年には、ヤクルト2年目の古田敦也が.3398で、セの捕手では初のタイトルを手にし、.3395だった中日・落合博満の6度目の首位打者を阻んだ。篠塚、落合両氏とも、あと1打席で1安打していれば打率トップに立っていたわけだが、この2人は複数回頂点に立ったことがあるからまだいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る