2位巨人にゲーム差1も…好調DeNAによぎる昨季の“急失速”

公開日:  更新日:

「まずは5割に戻して、そこから貯金して上に追いつきたい」

 先発して5勝目を挙げたDeNAの久保がこう言った。94試合を消化したDeNAはたまっていた「借金」も1まで減らし、この日試合がなかった2位巨人とのゲーム差を1とした。ここ10試合は7勝3敗と好調で、ある球団関係者は「巨人を抜くのは時間の問題。広島にどこまで迫れるかだ」と鼻息も荒いが、その言葉を信用するファンは少ない。

 昨年は5月中旬に11まで貯金を増やし、一時は首位に立ちながら、直後の交流戦でパのチームにボコボコにされて借金生活へ。それでもこの日と同じ94試合が終わった時点(7月30日)では、首位の阪神に5ゲーム差の5位。借金は7でも優勝を狙える位置にいた。それが終わってみれば、座りなれた最下位に落ち着いた。

 今季も2位以下はダンゴのセ・リーグ。広島が飛び出してはいるものの、絶対的な強さは感じられない。DeNAはこの先上がるか、下がるか……やっぱりセは、143試合が終わらなければ最終順位はわからない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る