ヤクルト由規5年ぶり勝利 クビにしなかった球団“天晴れ”

公開日: 更新日:

「5年も投げていない自分を応援して下さり、感謝の気持ちでいっぱいです」

 ヤクルト由規(26)が24日の中日戦で、実に5年ぶりとなる勝利を挙げ、お立ち台で喜びをかみしめた。

 右肩痛の影響で5年間、一軍で一度も投げられなかった。昨オフには育成契約になったが、常に支えてくれる家族と仲間がいた。

 リハビリ期間中、故郷の仙台でそっと見守り続けた父・均さんと母・美也さんはこの日、声をからしながら応援し、試合終了直後に大粒の涙をこぼした。兄・史規さんは仙台の自宅でテレビ中継を見た。5年前の9月3日、登板した由規と試合後に食事をした。由規はすでに右肩に違和感を感じていて、「登録抹消になるかもしれない」と不安を口にした。それが復帰前の最後の登板になった。食事をしたり、電話やメールで叱咤激励をし続けた。この日の試合後、均さんが経営するタクシー会社に祝電が殺到した。史規さんは「ようやく、『おめでとう』が言えます。これから勝ち続けることが大事」としみじみと語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る