ヤクルト由規5年ぶり勝利 クビにしなかった球団“天晴れ”

公開日: 更新日:

「5年も投げていない自分を応援して下さり、感謝の気持ちでいっぱいです」

 ヤクルトの由規(26)が24日の中日戦で、実に5年ぶりとなる勝利を挙げ、お立ち台で喜びをかみしめた。

 右肩痛の影響で5年間、一軍で一度も投げられなかった。昨オフには育成契約になったが、常に支えてくれる家族と仲間がいた。

 リハビリ期間中、故郷の仙台でそっと見守り続けた父・均さんと母・美也さんはこの日、声をからしながら応援し、試合終了直後に大粒の涙をこぼした。兄・史規さんは仙台の自宅でテレビ中継を見た。5年前の9月3日、登板した由規と試合後に食事をした。由規はすでに右肩に違和感を感じていて、「登録抹消になるかもしれない」と不安を口にした。それが復帰前の最後の登板になった。食事をしたり、電話やメールで叱咤激励をし続けた。この日の試合後、均さんが経営するタクシー会社に祝電が殺到した。史規さんは「ようやく、『おめでとう』が言えます。これから勝ち続けることが大事」としみじみと語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る