最下位阪神 金本監督の“言動”にファンが怒濤のブーイング

公開日:  更新日:

「今の阪神は選手と監督の信頼関係がありませんね。私は、藤村(富美男)、若林(忠志)、土井垣(武)の頃からのファンだが、ここまでひどいチームは見たことがないですよ」

 のっけから厳しい口調でこう語るのは、阪神ファンの佐藤司氏(神奈川大名誉教授)だ。

 金本新監督が「超変革」のスローガンを掲げてスタートした今季の阪神。開幕直後は抜擢した若手も奮起し、チームに活気もあったが、ここにきて完全に息切れだ。前カードは甲子園で巨人に3連敗。90試合を消化して早くも50敗目で借金13である。13年目の鳥谷(35)に衰えが見え始め、左腕・能見(37)や出戻り藤川(36)にも、全盛期の面影はない。チームの若返りを図るため、経験不足の選手を起用することに異論を唱えるファンはいないだろう。問題は金本監督のハンドリングだ。冒頭の佐藤氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る