ヤクルト由規も鍛えられた仙台育英の 「Pトレマツバ体操」

公開日: 更新日:

「『Pトレマツバ体操』だけは本当に嫌で仕方がなかったですね」

 2年夏から3季連続出場。3年夏には甲子園最速の155キロをマークした由規ヤクルト・25)が高校当時を振り返る。

「Pトレ」というのは、ピッチャートレーニングのこと。一塁ベンチ前のファウルラインから、つま先立ちで外野フェンスまでの約100メートルを往復するなど、約15種類のメニューがある。「マツバ体操」とは体幹を中心とした筋トレ。腹筋、背筋、腕立てなど5種類ほどあり、全員で3セットずつこなす。

「基本的に火、木、土が『Pトレ』、水、金が『マツバ』。日曜は試合がなければ『Pトレマツバ』でこれが一番つらかった(苦笑い)。『マツバ』は最後に室内練習場に吊るされたロープを3回ほど上り下りする。ビルの3階ほどの高さ(約8メートル)もあって、僕は足を使わないと上れませんでしたが、中にはあぐらをかいた姿勢から手だけでスルスルとロープを伝っていく仲間もいました。すべてのメニューをこなした後に、投げ込みをしようと思っても、腕が上がりませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  3. 3

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  4. 4

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

  9. 9

    岸部四郎さんは楽器できず…タンバリンに音が出ない細工を

  10. 10

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

もっと見る