ヤクルト由規も鍛えられた仙台育英の 「Pトレマツバ体操」

公開日:  更新日:

「『Pトレマツバ体操』だけは本当に嫌で仕方がなかったですね」

 2年夏から3季連続出場。3年夏には甲子園最速の155キロをマークした由規(ヤクルト・25)が高校当時を振り返る。

「Pトレ」というのは、ピッチャートレーニングのこと。一塁ベンチ前のファウルラインから、つま先立ちで外野フェンスまでの約100メートルを往復するなど、約15種類のメニューがある。「マツバ体操」とは体幹を中心とした筋トレ。腹筋、背筋、腕立てなど5種類ほどあり、全員で3セットずつこなす。

「基本的に火、木、土が『Pトレ』、水、金が『マツバ』。日曜は試合がなければ『Pトレマツバ』でこれが一番つらかった(苦笑い)。『マツバ』は最後に室内練習場に吊るされたロープを3回ほど上り下りする。ビルの3階ほどの高さ(約8メートル)もあって、僕は足を使わないと上れませんでしたが、中にはあぐらをかいた姿勢から手だけでスルスルとロープを伝っていく仲間もいました。すべてのメニューをこなした後に、投げ込みをしようと思っても、腕が上がりませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る