ヤクルト由規も鍛えられた仙台育英の 「Pトレマツバ体操」

公開日:  更新日:

「『Pトレマツバ体操』だけは本当に嫌で仕方がなかったですね」

 2年夏から3季連続出場。3年夏には甲子園最速の155キロをマークした由規(ヤクルト・25)が高校当時を振り返る。

「Pトレ」というのは、ピッチャートレーニングのこと。一塁ベンチ前のファウルラインから、つま先立ちで外野フェンスまでの約100メートルを往復するなど、約15種類のメニューがある。「マツバ体操」とは体幹を中心とした筋トレ。腹筋、背筋、腕立てなど5種類ほどあり、全員で3セットずつこなす。

「基本的に火、木、土が『Pトレ』、水、金が『マツバ』。日曜は試合がなければ『Pトレマツバ』でこれが一番つらかった(苦笑い)。『マツバ』は最後に室内練習場に吊るされたロープを3回ほど上り下りする。ビルの3階ほどの高さ(約8メートル)もあって、僕は足を使わないと上れませんでしたが、中にはあぐらをかいた姿勢から手だけでスルスルとロープを伝っていく仲間もいました。すべてのメニューをこなした後に、投げ込みをしようと思っても、腕が上がりませんでした(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る