二軍戦好投で支配下選手に昇格 ヤクルト由規リハビリ秘話

公開日:  更新日:

「課題を克服しながら、順調に来ている」

 22日、ヤクルトの由規(26)が二軍の巨人戦で先発。5回2失点で8三振を奪い、手応えを口にした。

 高卒入団3年目の10年に、当時、日本人最速となる161キロをマークするなど12勝を挙げたが、11年に右肩痛を発症し、13年には右肩を手術。12年から昨年までの4年間、一軍登板から遠ざかり、昨オフには育成選手に降格していた。

 この日は、衣笠球団社長、小川SD、真中監督、高津投手コーチが視察に訪れた。初回から飛ばして最速は151キロ。三回には失策が絡み2点を失ったが、巨人岡本を3打席連続三振に打ち取るなど好投、支配下選手に昇格することが決まった。

「手術前、5軒ほどの病院で診察を受けたが、右肩痛の原因はなかなか明らかにならなかった。13年に行った手術は結局、右肩腱板など複数箇所に及び、ソフトバンクの松坂とほぼ同じものでした。手術後もしばらくは日によって肩の調子が変動し、痛みや違和感が出ると、登板間隔を空けざるを得なかった。せっかく肩ができ、投げる感覚を掴んだと思っても、回復を最優先せざるを得ず、また肩をつくり直すという状態が続いた。投げたくても投げられないことが、何よりもどかしかったはずです」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る