福原愛 北朝鮮にストレート勝ちでベスト8の“ノルマ達成”

公開日:  更新日:

 アテネから4大会連続出場の福原愛(27)がリオ五輪卓球シングルス4回戦で北朝鮮のエース、リ・ミョンスン(24)をストレートで下して2大会連続のベスト8進出を決めた。

 相手は世界で三本の指に入るカットマン。過去の対戦で負けたことがあり、日本のエース石川佳純が初戦で北朝鮮のカットマンに敗れていただけに嫌なムードがあった。

 しかし第1ゲームからフォアハンド、バックハンドで球の回転をコントロールして、リの攻撃をことごとくブロック。ラリーに持ち込ませない試合運びで、リのミスを誘い、30分足らずのストレート勝ちだった。

 前回ロンドン大会と同じベスト8のノルマは達成した。ちなみに男子シングルスの水谷準(27)、丹羽孝希(21)も準々決勝に進んだ。

▽福原の話「苦しい戦いになると思っていたから4-0で勝てたことに驚いている。練習してきたことが試合で出せている手ごたえがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る