日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福原愛 北朝鮮にストレート勝ちでベスト8の“ノルマ達成”

 アテネから4大会連続出場の福原愛(27)がリオ五輪卓球シングルス4回戦で北朝鮮のエース、リ・ミョンスン(24)をストレートで下して2大会連続のベスト8進出を決めた。

 相手は世界で三本の指に入るカットマン。過去の対戦で負けたことがあり、日本のエース石川佳純が初戦で北朝鮮のカットマンに敗れていただけに嫌なムードがあった。

 しかし第1ゲームからフォアハンド、バックハンドで球の回転をコントロールして、リの攻撃をことごとくブロック。ラリーに持ち込ませない試合運びで、リのミスを誘い、30分足らずのストレート勝ちだった。

 前回ロンドン大会と同じベスト8のノルマは達成した。ちなみに男子シングルスの水谷準(27)、丹羽孝希(21)も準々決勝に進んだ。

▽福原の話「苦しい戦いになると思っていたから4-0で勝てたことに驚いている。練習してきたことが試合で出せている手ごたえがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事