香港選手に初戦敗退…福原愛に囁かれる“リオ五輪の花道”

公開日:  更新日:

 リオのメダルが彼方に遠のいた。

 17日に行われた卓球ワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯の女子シングルス1回戦。リオ五輪代表の福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)が揃って出場するも、いずれも2回戦までに姿を消した。

 問題はランクによって振り分けられるリオ五輪でのシード権だ。第1シードから第4シードまでの選手は、準決勝まで直接対戦することはない。現在、石川は世界ランク4位、福原は同7位。しかし、五輪のシングルスに出場できるのは各国2人まで。世界ランクの上位には中国選手が多いため、五輪出場のかかるランクでいえば石川は3位、福原は5位となる。4位以内に入れば、卓球強豪国である中国とは準決勝まで当たらない。つまり、メダルの可能性が出てくるということだ。

 ところが、福原は香港の帖雅娜(同18位)に1-4で敗れ初戦敗退。ランク5位の福原にしてみれば、シード順位が決まる8月1日までに、何が何でも順位を上げる必要があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る