香港選手に初戦敗退…福原愛に囁かれる“リオ五輪の花道”

公開日:  更新日:

 リオのメダルが彼方に遠のいた。

 17日に行われた卓球ワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯の女子シングルス1回戦。リオ五輪代表の福原愛(27)、石川佳純(23)、伊藤美誠(15)が揃って出場するも、いずれも2回戦までに姿を消した。

 問題はランクによって振り分けられるリオ五輪でのシード権だ。第1シードから第4シードまでの選手は、準決勝まで直接対戦することはない。現在、石川は世界ランク4位、福原は同7位。しかし、五輪のシングルスに出場できるのは各国2人まで。世界ランクの上位には中国選手が多いため、五輪出場のかかるランクでいえば石川は3位、福原は5位となる。4位以内に入れば、卓球強豪国である中国とは準決勝まで当たらない。つまり、メダルの可能性が出てくるということだ。

 ところが、福原は香港の帖雅娜(同18位)に1-4で敗れ初戦敗退。ランク5位の福原にしてみれば、シード順位が決まる8月1日までに、何が何でも順位を上げる必要があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る