東京五輪マラソンでメダル狙うなら大学生育成急ぐべき

公開日:  更新日:

 日本陸上競技連盟(以下、陸連)は17日、リオ五輪マラソンの日本代表を発表。女子は伊藤舞(31)、福士加代子(33)、田中智美(28)、男子は佐々木悟(30)、北島寿典(31)、石川末広(36)を満場一致で選出した。

 世界のマラソン界は、スピードのあるアフリカ勢が席巻しているが、気温30度を超える厳しい条件で行われたロシアでの13年世界選手権で福士が銅メダルを獲得したように、女子には上位入賞の可能性もある。

 一方の男子は世界との差は開く一方だ。ロンドン五輪では中本健太郎(当時29)が6位入賞を果たしたものの、昨年の世界選手権では、藤原正和(当時34)が2時間21分06秒で21位。前田和浩(同33歳)は2時間32分49秒で40位と惨敗。リオ五輪選考会の3レースも、ペースメーカーがついていながら佐々木の2時間8分56秒が最速。陸連が設定した2時間6分30秒には程遠い記録だった。もはや男子は社会人選手に頼っていては国際大会で勝負できない。20年東京五輪は地元開催だけに、最低でも入賞(8位以内)を狙わなければならない。ならば、今から有望な大学生を鍛えるべきではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る