東京五輪マラソンでメダル狙うなら大学生育成急ぐべき

公開日: 更新日:

 日本陸上競技連盟(以下、陸連)は17日、リオ五輪マラソンの日本代表を発表。女子は伊藤舞(31)、福士加代子(33)、田中智美(28)、男子は佐々木悟(30)、北島寿典(31)、石川末広(36)を満場一致で選出した。

 世界のマラソン界は、スピードのあるアフリカ勢が席巻しているが、気温30度を超える厳しい条件で行われたロシアでの13年世界選手権で福士が銅メダルを獲得したように、女子には上位入賞の可能性もある。

 一方の男子は世界との差は開く一方だ。ロンドン五輪では中本健太郎(当時29)が6位入賞を果たしたものの、昨年の世界選手権では、藤原正和(当時34)が2時間21分06秒で21位。前田和浩(同33歳)は2時間32分49秒で40位と惨敗。リオ五輪選考会の3レースも、ペースメーカーがついていながら佐々木の2時間8分56秒が最速。陸連が設定した2時間6分30秒には程遠い記録だった。もはや男子は社会人選手に頼っていては国際大会で勝負できない。20年東京五輪は地元開催だけに、最低でも入賞(8位以内)を狙わなければならない。ならば、今から有望な大学生を鍛えるべきではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る