• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

作新学院エース 今井達也が同級生に明かした「食と指先」

「強気に内角に投げきれるのが今井の一番凄いところ。配球しやすいし、リードしていて気持ちがいいです」

 21日、54年ぶりに夏優勝を果たした作新学院(栃木)。優勝投手となった今井達也(3年=180センチ、72キロ)について、女房役の鮎ケ瀬一也(3年)がこう言った。

 今井は、今大会で自己最速を更新する152キロをマークし、全5試合中4完投。プロの評価はうなぎ上りで、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。

 昨夏の甲子園はベンチ外、今春は背番号18だった右腕が一躍、優勝投手に上りつめた。セ球団の関東地区担当スカウトはこう言う。

「もともと球速はあったが、制球が安定しなかった。下半身を鍛えたことに加え、ワインドアップからセットポジションに変え、制球が安定しはじめた。日本ハムの大谷翔平の投球動画をこまめにチェックしているみたい。体格は違えど、今井も肩関節が柔らかい。セットポジションでの足の上げ方や腕の振りなど、似ているところがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る