作新学院エース 今井達也が同級生に明かした「食と指先」

公開日:  更新日:

「強気に内角に投げきれるのが今井の一番凄いところ。配球しやすいし、リードしていて気持ちがいいです」

 21日、54年ぶりに夏優勝を果たした作新学院(栃木)。優勝投手となった今井達也(3年=180センチ、72キロ)について、女房役の鮎ケ瀬一也(3年)がこう言った。

 今井は、今大会で自己最速を更新する152キロをマークし、全5試合中4完投。プロの評価はうなぎ上りで、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。

 昨夏の甲子園はベンチ外、今春は背番号18だった右腕が一躍、優勝投手に上りつめた。セ球団の関東地区担当スカウトはこう言う。

「もともと球速はあったが、制球が安定しなかった。下半身を鍛えたことに加え、ワインドアップからセットポジションに変え、制球が安定しはじめた。日本ハムの大谷翔平の投球動画をこまめにチェックしているみたい。体格は違えど、今井も肩関節が柔らかい。セットポジションでの足の上げ方や腕の振りなど、似ているところがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る