作新学院エース 今井達也が同級生に明かした「食と指先」

公開日:  更新日:

「強気に内角に投げきれるのが今井の一番凄いところ。配球しやすいし、リードしていて気持ちがいいです」

 21日、54年ぶりに夏優勝を果たした作新学院(栃木)。優勝投手となった今井達也(3年=180センチ、72キロ)について、女房役の鮎ケ瀬一也(3年)がこう言った。

 今井は、今大会で自己最速を更新する152キロをマークし、全5試合中4完投。プロの評価はうなぎ上りで、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。

 昨夏の甲子園はベンチ外、今春は背番号18だった右腕が一躍、優勝投手に上りつめた。セ球団の関東地区担当スカウトはこう言う。

「もともと球速はあったが、制球が安定しなかった。下半身を鍛えたことに加え、ワインドアップからセットポジションに変え、制球が安定しはじめた。日本ハムの大谷翔平の投球動画をこまめにチェックしているみたい。体格は違えど、今井も肩関節が柔らかい。セットポジションでの足の上げ方や腕の振りなど、似ているところがある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る