マエケンと新人王争うライバル2人“ケタ違い”の実力

公開日: 更新日:

■トレーバー・ストーリー(ロッキーズ・内野手、23歳)

 今季、彗星のように現れた長距離砲だ。

 夫人へのDV容疑で出場停止処分を受けた正遊撃手レイエスに代わって開幕スタメンに抜擢され、6試合で7本塁打の大当たり。開幕6戦で7発は歴代4位の通算660本塁打を放ったウィリー・メイズ(元ジャイアンツ他)を抜くメジャー新記録だ。27日のパイレーツ戦では9号ソロを放ち、01年にカージナルスのアルバート・プホルス(現エンゼルス)がマークした月間8本塁打のナ・リーグ新人記録も塗り替えた。現在、9本塁打でホームランダービーでトップタイにいる(27日終了時)。

 テキサス州アービン市出身。アービン高時代は投手で、11年のドラフトでロッキーズから1巡目(全体45番目)指名されて入団。マイナーでは順調にステップアップし、昨季は2Aと3A合わせて20本塁打をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    トマトと並んで人気 キュウリを育てるための2つの注意点

もっと見る