マエケンと新人王争うライバル2人“ケタ違い”の実力

公開日:  更新日:

■トレーバー・ストーリー(ロッキーズ・内野手、23歳)

 今季、彗星のように現れた長距離砲だ。

 夫人へのDV容疑で出場停止処分を受けた正遊撃手レイエスに代わって開幕スタメンに抜擢され、6試合で7本塁打の大当たり。開幕6戦で7発は歴代4位の通算660本塁打を放ったウィリー・メイズ(元ジャイアンツ他)を抜くメジャー新記録だ。27日のパイレーツ戦では9号ソロを放ち、01年にカージナルスのアルバート・プホルス(現エンゼルス)がマークした月間8本塁打のナ・リーグ新人記録も塗り替えた。現在、9本塁打でホームランダービーでトップタイにいる(27日終了時)。

 テキサス州アービン市出身。アービン高時代は投手で、11年のドラフトでロッキーズから1巡目(全体45番目)指名されて入団。マイナーでは順調にステップアップし、昨季は2Aと3A合わせて20本塁打をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る