マエケンと新人王争うライバル2人“ケタ違い”の実力

公開日:  更新日:

■トレーバー・ストーリー(ロッキーズ・内野手、23歳)

 今季、彗星のように現れた長距離砲だ。

 夫人へのDV容疑で出場停止処分を受けた正遊撃手レイエスに代わって開幕スタメンに抜擢され、6試合で7本塁打の大当たり。開幕6戦で7発は歴代4位の通算660本塁打を放ったウィリー・メイズ(元ジャイアンツ他)を抜くメジャー新記録だ。27日のパイレーツ戦では9号ソロを放ち、01年にカージナルスのアルバート・プホルス(現エンゼルス)がマークした月間8本塁打のナ・リーグ新人記録も塗り替えた。現在、9本塁打でホームランダービーでトップタイにいる(27日終了時)。

 テキサス州アービン市出身。アービン高時代は投手で、11年のドラフトでロッキーズから1巡目(全体45番目)指名されて入団。マイナーでは順調にステップアップし、昨季は2Aと3A合わせて20本塁打をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る