マエケンと新人王争うライバル2人“ケタ違い”の実力

公開日: 更新日:

■トレーバー・ストーリー(ロッキーズ・内野手、23歳)

 今季、彗星のように現れた長距離砲だ。

 夫人へのDV容疑で出場停止処分を受けた正遊撃手レイエスに代わって開幕スタメンに抜擢され、6試合で7本塁打の大当たり。開幕6戦で7発は歴代4位の通算660本塁打を放ったウィリー・メイズ(元ジャイアンツ他)を抜くメジャー新記録だ。27日のパイレーツ戦では9号ソロを放ち、01年にカージナルスのアルバート・プホルス(現エンゼルス)がマークした月間8本塁打のナ・リーグ新人記録も塗り替えた。現在、9本塁打でホームランダービーでトップタイにいる(27日終了時)。

 テキサス州アービン市出身。アービン高時代は投手で、11年のドラフトでロッキーズから1巡目(全体45番目)指名されて入団。マイナーでは順調にステップアップし、昨季は2Aと3A合わせて20本塁打をマークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る