広島独走の遠因…ヤクルトが巨人主催試合でやっと初勝利

公開日:  更新日:

 誇れる記録でないことは間違いない。31日、ヤクルトが巨人主催試合で、ようやく今季初勝利を収めた。

 東京ドームでは9戦9敗と歯が立たず、30日は福井でも惨敗。93年以来負けたことがない富山に舞台を移し、何とか勝つことができた。

 ヤクルトは昨季リーグ優勝を成し遂げながら、今季は開幕直後からBクラスに低迷。毎年恒例となっている故障者の続出にも手を打てなかった。

「たられば」を言い出せばキリはないが、昨季優勝チームの低迷が広島の独走を許し、セのペナントレースを単調にした。話題になるのが山田の2年連続トリプルスリーという個人記録と助っ人の造反劇だけでは寂しい限りだ。

 この日の立役者で今季初完封の小川(26)にしても、ファンの期待を裏切り続けた。ヒーローインタビューでは「ピンチは何回もあったけど、持ち前の粘り強さを見せられた」と話したものの、ここまでエースと呼ぶには物足りない投球を続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る