• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島独走の遠因…ヤクルトが巨人主催試合でやっと初勝利

 誇れる記録でないことは間違いない。31日、ヤクルトが巨人主催試合で、ようやく今季初勝利を収めた。

 東京ドームでは9戦9敗と歯が立たず、30日は福井でも惨敗。93年以来負けたことがない富山に舞台を移し、何とか勝つことができた。

 ヤクルトは昨季リーグ優勝を成し遂げながら、今季は開幕直後からBクラスに低迷。毎年恒例となっている故障者の続出にも手を打てなかった。

「たられば」を言い出せばキリはないが、昨季優勝チームの低迷が広島の独走を許し、セのペナントレースを単調にした。話題になるのが山田の2年連続トリプルスリーという個人記録と助っ人の造反劇だけでは寂しい限りだ。

 この日の立役者で今季初完封の小川(26)にしても、ファンの期待を裏切り続けた。ヒーローインタビューでは「ピンチは何回もあったけど、持ち前の粘り強さを見せられた」と話したものの、ここまでエースと呼ぶには物足りない投球を続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る