広島独走の遠因…ヤクルトが巨人主催試合でやっと初勝利

公開日:  更新日:

 誇れる記録でないことは間違いない。31日、ヤクルトが巨人主催試合で、ようやく今季初勝利を収めた。

 東京ドームでは9戦9敗と歯が立たず、30日は福井でも惨敗。93年以来負けたことがない富山に舞台を移し、何とか勝つことができた。

 ヤクルトは昨季リーグ優勝を成し遂げながら、今季は開幕直後からBクラスに低迷。毎年恒例となっている故障者の続出にも手を打てなかった。

「たられば」を言い出せばキリはないが、昨季優勝チームの低迷が広島の独走を許し、セのペナントレースを単調にした。話題になるのが山田の2年連続トリプルスリーという個人記録と助っ人の造反劇だけでは寂しい限りだ。

 この日の立役者で今季初完封の小川(26)にしても、ファンの期待を裏切り続けた。ヒーローインタビューでは「ピンチは何回もあったけど、持ち前の粘り強さを見せられた」と話したものの、ここまでエースと呼ぶには物足りない投球を続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る