10日間で2人病院送り…ヤクルト・バレに捕手陣は戦々恐々

公開日:  更新日:

 主砲のバットが再び捕手を破壊した。

 2日の広島戦で、ヤクルトのバレンティン(32)が初回に空振り三振。外角高めのボール球を大振りすると、左手1本のフォロースルーが捕手・石原の後頭部を直撃したのだ。その場に倒れこんだ石原に、広島ベンチは騒然。すぐに担架でベンチ裏に運ばれると、救急車で病院に搬送された。

 バレンティンが捕手を病院送りにしたのは、今季2度目。7月24日にも同じように振り切ったバットが、中日の杉山の脳天を直撃。頭部から出血した杉山は病院へと運ばれた。

 わずか1週間強で2人も破壊しただけに、セ・リーグの捕手陣は戦々恐々。ただでさえ手足の長い助っ人選手のバットで負傷させられた捕手はこれまでにもいた。頭だけではなく、ボールを捕ろうと伸ばした手や肩を痛打されるケースもある。せめてバットが届かない位置にと後ろに下がっても、今度は「ミットが遠くなる」と嫌がる投手が多い。

 さすがに審判の後ろでミットを構える捕手は出てこないだろうが、ヤクルト戦当日に体調不良を訴える捕手は出てくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る