山田、畠山ら不在でも…ヤクルトがDeNAに快勝しCS視界に

公開日: 更新日:

 山田も畠山も雄平も川端もケガで戦線離脱、スタメンがまるでイースタンのようなヤクルトが17日、DeNA相手に快勝した。

 投打のヒーローは先発の小川(26)だ。投げては3安打1失点で完投の6勝目。今季2本塁打されている筒香を4タコに仕留めた。打っては同点の六回2死から勝ち越しの1号2ランを放ち、これが決勝点となった。

「筒香と勝負して打ち取れたのは良かった。どう切り抜けるかで流れが変わりますから。きょうは緩急を使えたし、最後まで投げるつもりだった」と、試合後の本人は満足げだ。

 ヤクルトは主力のほとんどを欠きながら、ここ7試合を5勝2敗。エースが復調気配で、3位のDeNAに3.5ゲーム差とCSも見えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る