照準はSB戦 ハム栗山監督が計る大谷投手復帰のタイミング

公開日:  更新日:

 7月24日のリリーフ登板を最後に、1カ月以上もマウンドから遠ざかっている日本ハムの大谷翔平(22)。

 最近はブルペンで投げ込む回数も増えていて、「実力を出せる状態にはある」(吉井投手コーチ)という。栗山監督は投手復帰の時期に関して「もうすぐ」と話しているが、それはいつか。

「栗山監督は大谷を21日からのソフトバンク2連戦のどちらかに先発させ、最低5回は投げてもらいたいと考えているようです」と、日本ハムOBがこう言った。

「指先のマメや肩、肘は全く問題ない。本来の力を出せる状態にあるだけに、あとは実戦経験です。いきなり先発して5回というわけにはいかないので、初めは1回、次に3回と徐々に登板イニング数を増やしていくことになる。とりあえず来週から実戦で起用する予定だと聞きました。問題は使い方です。照準は21日からのソフトバンク2連戦だけに、それまでは慣らし運転というか調整登板。本来なら二軍で行うべきものだけに、ひずみも生じる。先発で1回とか3回の短いイニングしか投げなければリリーフに負担がかかるし、かといって試合を左右する局面で調整させるわけにもいきませんからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る