• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園Vでプロ決意か 作新学院も気を揉む今井達也の進路

「甲子園の大会前は、早大、筑波大などの大学に進学するという話を聞きました」

 あるアマ球界関係者が夏の甲子園優勝投手で、31日に行われたU18アジア選手権台湾戦に先発した今井達也(作新学院)について、こう言った。

 最速152キロを誇る右腕は、今秋ドラフトでの1位指名が確実視されている。今回のU18には日米球団がスカウトを派遣。一挙手一投足に注目している。

 ただ、本人も学校もプロに行くのか、はたまた大学か社会人か、今後の進路についてはまだ明言していない。前出の関係者が続ける。

「近年、作新学院から直接、プロ入りした例はありません。過去にプロで活躍した八木沢荘六(早大)、江川卓(法大)、落合英二(日大)、岡田幸文(日大中退)も大学を経由している。作新は野球部をはじめとするスポーツ部は、大学進学に力を入れている。今井の同期で、甲子園で3戦連続本塁打を放ち、U18入りするなどプロ注目の入江大生(投手兼内野手)も、東京六大学への進学が有力視されているし、4学年先輩でドラフト候補だった石井一成も、早大に進学しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る