視線は21日のソフトB戦へ ハム大谷が2カ月ぶり“調整先発”

公開日:  更新日:

 6日のロッテ戦に先発する日本ハムの大谷翔平(22)。先発としては7月10日の対ロッテ戦以来、58日ぶりの登板だが、快刀乱麻の投球で9勝目(4敗)とはいきそうにない。

 今回はあくまで21日からのソフトバンク戦をにらんだ調整登板。まだ長いイニングは投げないからだ。日本ハムOBがこう言った。

「先発マウンドから2カ月近く遠ざかっているだけに、調整はオープン戦と一緒。最初は30球がメド。2回くらいでマウンドを降りるかもしれないと聞いています。21日からのソフトバンク戦で5回を投げることを目標に、イニング数を増やしていく青写真でしょう。本来、登板予定だったバースには先発のつもりで調整させているようです。結果にかかわらず、予定投球数に達したらすぐにスイッチするはずです」

 大谷をローテに入れることによって、前後の試合は野手として出場できなくなる。ここまで先発復帰が遅れたのは中軸を打つ大谷を打線から外せなかったからだが、ソフトバンクとの直接対決やその先のCSを含む短期決戦をにらんで一戦必勝のローテをつくりたいということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る