坂本ようやく覚醒も 巨人クルーズ“尻叩き効果”倍増は来季

公開日:  更新日:

■レギュラーは安泰

 巨人の坂本勇人(27)が昨7日の阪神戦も先発を外れた。4日の中日戦で左ヒザに自打球を受けた影響で、これで2試合連続である。

 V逸は目前。打率トップを快走していることもあり、ベンチで戦況を見守った。八回に代打で登場したものの右飛。遊撃にはルイス・クルーズ(32)が入った。

 巨人はここ数年、坂本の代わりがいないことが弱点とされてきた。それが、今季からクルーズが加入。正二塁手ではあるが、「本職は遊撃か三塁」と言うように、遊撃でも軽快な守備力を見せた。チーム関係者がこう言う。

「ここ数年、坂本が低迷していたのは、ライバルがいないことが要因とみられていた。気の緩みじゃないけど、どこかに安心感というか、レギュラーは安泰という油断があったでしょう。それは原前監督もよく指摘していたことで、クルーズを獲得した時、堤GMは『クルーズはショートもできる。坂本であっても競争』と主将の尻を叩く意味合いもあるとしていた。その効果なのか、覚醒した坂本は打率・346で初の首位打者獲得を視野に入れる。これはクルーズ効果ともっぱらなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る