• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

坂本ようやく覚醒も 巨人クルーズ“尻叩き効果”倍増は来季

■レギュラーは安泰

 巨人の坂本勇人(27)が昨7日の阪神戦も先発を外れた。4日の中日戦で左ヒザに自打球を受けた影響で、これで2試合連続である。

 V逸は目前。打率トップを快走していることもあり、ベンチで戦況を見守った。八回に代打で登場したものの右飛。遊撃にはルイス・クルーズ(32)が入った。

 巨人はここ数年、坂本の代わりがいないことが弱点とされてきた。それが、今季からクルーズが加入。正二塁手ではあるが、「本職は遊撃か三塁」と言うように、遊撃でも軽快な守備力を見せた。チーム関係者がこう言う。

「ここ数年、坂本が低迷していたのは、ライバルがいないことが要因とみられていた。気の緩みじゃないけど、どこかに安心感というか、レギュラーは安泰という油断があったでしょう。それは原前監督もよく指摘していたことで、クルーズを獲得した時、堤GMは『クルーズはショートもできる。坂本であっても競争』と主将の尻を叩く意味合いもあるとしていた。その効果なのか、覚醒した坂本は打率・346で初の首位打者獲得を視野に入れる。これはクルーズ効果ともっぱらなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る