坂本ようやく覚醒も 巨人クルーズ“尻叩き効果”倍増は来季

公開日: 更新日:

■レギュラーは安泰

 巨人の坂本勇人(27)が昨7日の阪神戦も先発を外れた。4日の中日戦で左ヒザに自打球を受けた影響で、これで2試合連続である。

 V逸は目前。打率トップを快走していることもあり、ベンチで戦況を見守った。八回に代打で登場したものの右飛。遊撃にはルイス・クルーズ(32)が入った。

 巨人はここ数年、坂本の代わりがいないことが弱点とされてきた。それが、今季からクルーズが加入。正二塁手ではあるが、「本職は遊撃か三塁」と言うように、遊撃でも軽快な守備力を見せた。チーム関係者がこう言う。

「ここ数年、坂本が低迷していたのは、ライバルがいないことが要因とみられていた。気の緩みじゃないけど、どこかに安心感というか、レギュラーは安泰という油断があったでしょう。それは原前監督もよく指摘していたことで、クルーズを獲得した時、堤GMは『クルーズはショートもできる。坂本であっても競争』と主将の尻を叩く意味合いもあるとしていた。その効果なのか、覚醒した坂本は打率・346で初の首位打者獲得を視野に入れる。これはクルーズ効果ともっぱらなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る