• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ニンマリ…大竹好投で10日広島戦は“満員御礼”確実

 広島ナイン、関係者、ファンにとっては「まさか」の好投になった。

 巨人がヤクルトに敗れれば、25年ぶりの優勝が決定するはずだった9日の試合。巨人の先発が大竹寛(33)と発表された前日は、歓喜に備えてビールかけの準備をする関係者から「無駄になる可能性は低そうですね」という声が漏れていた。

 今季も5勝4敗と精彩を欠く大竹はここ2試合でいずれも5回を持たずにKO。加えて、巨人が昨年から5勝15敗と苦手にしている神宮球場での試合である。OBからは「大竹が恩返ししてくれるじゃろう」と、13年オフにFAで広島を飛び出した元エース格へ、皮肉交じりのKO予告が飛び出してもいたのだが、大竹も大竹で必死だった。

 3勝4敗に終わった昨年、今季の成績次第では3年契約が切れる今オフに、戦力外か1億円からの大減俸、とウワサされた。背水の陣で臨んだ今季も給料に見合う結果を出せなかったが、7回を4安打1失点に抑えたこの日の好投は、「少なくとも球団フロントを喜ばせた。古巣の優勝決定を阻止したことで、10日の広島戦は東京ドームが満員で埋まることが確実。営業的には最低限の仕事を果たしてくれたわけですから」と巨人関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る