巨人ニンマリ…大竹好投で10日広島戦は“満員御礼”確実

公開日:  更新日:

 広島ナイン、関係者、ファンにとっては「まさか」の好投になった。

 巨人がヤクルトに敗れれば、25年ぶりの優勝が決定するはずだった9日の試合。巨人の先発が大竹寛(33)と発表された前日は、歓喜に備えてビールかけの準備をする関係者から「無駄になる可能性は低そうですね」という声が漏れていた。

 今季も5勝4敗と精彩を欠く大竹はここ2試合でいずれも5回を持たずにKO。加えて、巨人が昨年から5勝15敗と苦手にしている神宮球場での試合である。OBからは「大竹が恩返ししてくれるじゃろう」と、13年オフにFAで広島を飛び出した元エース格へ、皮肉交じりのKO予告が飛び出してもいたのだが、大竹も大竹で必死だった。

 3勝4敗に終わった昨年、今季の成績次第では3年契約が切れる今オフに、戦力外か1億円からの大減俸、とウワサされた。背水の陣で臨んだ今季も給料に見合う結果を出せなかったが、7回を4安打1失点に抑えたこの日の好投は、「少なくとも球団フロントを喜ばせた。古巣の優勝決定を阻止したことで、10日の広島戦は東京ドームが満員で埋まることが確実。営業的には最低限の仕事を果たしてくれたわけですから」と巨人関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る