• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ニンマリ…大竹好投で10日広島戦は“満員御礼”確実

 広島ナイン、関係者、ファンにとっては「まさか」の好投になった。

 巨人がヤクルトに敗れれば、25年ぶりの優勝が決定するはずだった9日の試合。巨人の先発が大竹寛(33)と発表された前日は、歓喜に備えてビールかけの準備をする関係者から「無駄になる可能性は低そうですね」という声が漏れていた。

 今季も5勝4敗と精彩を欠く大竹はここ2試合でいずれも5回を持たずにKO。加えて、巨人が昨年から5勝15敗と苦手にしている神宮球場での試合である。OBからは「大竹が恩返ししてくれるじゃろう」と、13年オフにFAで広島を飛び出した元エース格へ、皮肉交じりのKO予告が飛び出してもいたのだが、大竹も大竹で必死だった。

 3勝4敗に終わった昨年、今季の成績次第では3年契約が切れる今オフに、戦力外か1億円からの大減俸、とウワサされた。背水の陣で臨んだ今季も給料に見合う結果を出せなかったが、7回を4安打1失点に抑えたこの日の好投は、「少なくとも球団フロントを喜ばせた。古巣の優勝決定を阻止したことで、10日の広島戦は東京ドームが満員で埋まることが確実。営業的には最低限の仕事を果たしてくれたわけですから」と巨人関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る