10戦9敗でBクラス転落危機 巨人の“逆メークドラマ”あるか

公開日:  更新日:

 巨人が最下位の中日に東京ドームで3タテを食らい、4連敗を喫した。

 4日は七回まで無失点だった先発のマイコラスが、3点リードの八回に捕まった。村田の失策から2点を失い、走者2人を残して降板。代わったマシソンが逆転され、4失点で敗戦投手に。昨季から続いた自身の連勝は14でストップした。高橋監督は「(続投は)まだいけると判断したが……」と首をひねった。中日先発の高卒新人・小笠原にはプロ初勝利を献上した。

 九回には沢村の暴投で失点するなど、この3連戦はミスのオンパレードだった。2日は捕手の小林誠が走者にタッチをしないボーンヘッド。3日は大竹の投ゴロ悪送球で敗れた。連日“草野球”のようなミスが繰り返され、ここ10試合は1勝9敗。広島にマジックが点灯して以来、9失策の体たらくに高橋監督は「何かを変えたら勝てるという問題ではない。今まで通りやることしか考えていない」と語気を強めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る