食事とゲキで選手結束 カープ菊池涼介が語る「新井さん会」

公開日: 更新日:

 10日に25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島。昨季.246でリーグ5位だったチーム打率は.275と飛躍的に上昇。本塁打数、得点も2位以下を大きく引き離してリーグトップである。昨季とほとんど顔ぶれは変わらないのになぜか。人間離れした二塁の守備力で再三投手陣を助け、2番打者としては打率.324でリーグトップの172安打(11日現在)。勝負強い打撃でもチームを引っ張ったMVP候補、菊池涼介(26)を直撃した。

■緒方監督の変心

 今季は就任2年目の緒方孝市監督(47)の采配に変化が見られたという。昨季、2番の菊池には犠打のサインが多かった。その数はリーグトップの49。今季もここまでトップだが、23とその数は半減している。菊池がこう言う。

「かなり減りましたね。開幕してから監督に『今年はバントを少なくして攻撃的にいくぞ!』と言われたんです。バントが逃げとは思わないけど、今年は攻めたい、という方針を明かされました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  5. 5

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    「犬笛」を吹いてあとは知らんぷり…絶対に謝らない人たち

もっと見る