連続“トリプル3”濃厚 地元出身の山田を逃した阪神の節穴

公開日: 更新日:

 今でも「なぜだ?」という声は少なくない。

 ヤクルトの山田哲人(24)は、NPB史上初の2年連続、2度目のトリプル3が堅い。11日現在、打率.324(4位)、38本塁打(2位)、30盗塁(1位)、96打点(2位)。来季は三冠王やNPBでは初となる40-40(40本、40盗塁)の達成も十分可能だ。その山田を阪神はなぜ取りに行かなかったのかというわけだ。

 高卒6年目の山田は大阪の履正社高出身。10年ドラフトでヤクルトとオリックスから、「外れの外れ1位」で指名されヤクルト入り。阪神は同年に早大右腕の大石(西武)を指名。5球団との競合に負けて榎田(30)を獲得したものの、この社会人左腕は主に中継ぎ起用で昨年まで12勝。今季は1勝止まりで大黒柱ではない。

 あるOBが言う。

「阪神は特に内野手を見る目がない。03年自由枠で取った鳥谷(35)は主力になったが、あれは早大OBだった岡田(同年オフから監督)が尽力したから来てくれたようなもの。04年岡崎(33・自由枠)、06年野原、07年高浜(2人は高校ドラフト=退団と移籍)、11年1位の伊藤隼(27)らはさっぱり。1位指名の野手で当たったのは新人の高山(明大)だけ。野手に1位指名を使うのはもったいないと思っているのかもしれないが、鳥谷以降、リーグを代表する野手は育っていない。広島も1位で投手を取りにいくが、07年高校生3位の丸(27)、11年2位の菊池(26)、12年2位の鈴木誠也(22)、13年3位の田中(27)はみなレギュラー。そういえば、もっかリーグ最多本塁打(39本)で、打率、打点も上位にいるDeNAの筒香(24)も09年1位の高卒野手だ。スカウト下手、ドラフト戦略の失敗もダメ虎へ逆戻りした一因だ」

 阪神はフロントも総退陣した方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  6. 6

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る