金本阪神に大リストラ構想 “リスト”に載った選手の名前

公開日:  更新日:

「今オフ、大リストラがあるかもしれません」

 マスコミ関係者が阪神についてこう言う。

 7日の巨人戦で敗れた阪神は今季の負け越しが決定。ここ10試合は1勝9敗とボロボロだ。金本監督もさまざまな選手を起用し、ピンチを打開しようとしているが、「これは来季の戦力を見極める意味合いもある」とは、前出の関係者。

「支配下登録選手70人のうち、今季一軍で起用されなかった選手はたったの11人。新人や二軍強化選手の若手は別にして、59人の選手を一軍でテストしたことになる。9月に入り、フロント、現場は戦力外に加えて、トレード要員の検討に着手しており、今オフは多ければ20人規模の血の入れ替えが断行されるともっぱらです」

■安泰なのはわずか数人か

 すでに、昨年の最優秀中継ぎ投手だった福原が戦力外になっているそうだが、実績のある福留、残留濃厚のメッセンジャーや、藤浪、原口、北條あたりは安泰としても、多くの選手は戦々恐々としているという。いったい誰が「クビリスト」に挙がっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る