巨人がっかり 注目の元メジャー右腕が韓国でスピード20勝

公開日:  更新日:

 助っ人にもいろいろいるようだ。

 韓国プロ野球斗山ベアーズに所属する外国人投手のダスティン・ニッパート(35)は13日、SKワイバーンズ戦で歴代最少の25試合で20勝を挙げた。

 203センチの長身から投げ下ろす速球とチェンジアップが武器の助っ人右腕は、2010年までメジャーのレンジャーズなどで投げていた。11年から韓国のベアーズに移籍。するといきなり15勝(6敗)を挙げ、その後は4年連続2ケタ勝ちを収めた。昨季は故障もあって6勝に終わったが、ポストシーズンでは安定感のある投球を見せ、チームの韓国シリーズ優勝に貢献した。

 隣国でコンスタントに実績を挙げている外国人投手を、日本球界が放っておくはずがない。ニッパートの韓国1年目から巨人の幹部は渡韓して視察しており、他球団も補強リストに載せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る