巨人がっかり 注目の元メジャー右腕が韓国でスピード20勝

公開日:  更新日:

 助っ人にもいろいろいるようだ。

 韓国プロ野球斗山ベアーズに所属する外国人投手のダスティン・ニッパート(35)は13日、SKワイバーンズ戦で歴代最少の25試合で20勝を挙げた。

 203センチの長身から投げ下ろす速球とチェンジアップが武器の助っ人右腕は、2010年までメジャーのレンジャーズなどで投げていた。11年から韓国のベアーズに移籍。するといきなり15勝(6敗)を挙げ、その後は4年連続2ケタ勝ちを収めた。昨季は故障もあって6勝に終わったが、ポストシーズンでは安定感のある投球を見せ、チームの韓国シリーズ優勝に貢献した。

 隣国でコンスタントに実績を挙げている外国人投手を、日本球界が放っておくはずがない。ニッパートの韓国1年目から巨人の幹部は渡韓して視察しており、他球団も補強リストに載せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  9. 9

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  10. 10

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

もっと見る