• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人がっかり 注目の元メジャー右腕が韓国でスピード20勝

 助っ人にもいろいろいるようだ。

 韓国プロ野球斗山ベアーズに所属する外国人投手のダスティン・ニッパート(35)は13日、SKワイバーンズ戦で歴代最少の25試合で20勝を挙げた。

 203センチの長身から投げ下ろす速球とチェンジアップが武器の助っ人右腕は、2010年までメジャーのレンジャーズなどで投げていた。11年から韓国のベアーズに移籍。するといきなり15勝(6敗)を挙げ、その後は4年連続2ケタ勝ちを収めた。昨季は故障もあって6勝に終わったが、ポストシーズンでは安定感のある投球を見せ、チームの韓国シリーズ優勝に貢献した。

 隣国でコンスタントに実績を挙げている外国人投手を、日本球界が放っておくはずがない。ニッパートの韓国1年目から巨人の幹部は渡韓して視察しており、他球団も補強リストに載せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る