今度はバレが大暴れ…助っ人に泣かされる真中監督の苦悩

公開日:  更新日:

 巨漢助っ人がブチ切れた。
 8日のヤクルト―中日戦。2点リードの三回2死一塁で、中日先発ジョーダンの直球がバレンティンの左腕を直撃した。

 これに激高したバレンティンはマウンドに詰め寄ると、捕手杉山の制止をものともせず、ジョーダンに思い切りヘルメットを投げつけたのだ。

 両軍入り乱れる騒動がしばらく続き、バレンティンは一塁へ。しかし、当然、“無罪”で済むわけがなかった。審判に「バレンティン選手を危険行為で退場とします!」とコールされ、感情を抑えられないままベンチ裏に引き下がった。

 今季のヤクルトは助っ人を操縦するどころか、彼らの暴走に泣かされている。守護神のオンドルセクは6月26日の試合中にベンチで暴れ、真中監督にも暴言。球団は当初の無期限謹慎処分こそ解いたものの、たった半月で一軍復帰というわけにもいかない。当面は二軍暮らしが続く。

 そこにきてバレンティンも後先考えない大暴れなのだから、真中監督の頭痛のタネは増えるばかり。暴れたいのは指揮官の方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る