投で日本最速も…日ハム大谷に“打者でSB戦”という選択肢

公開日: 更新日:

 札幌ドームがどよめきに包まれた。

 日本ハム大谷翔平(22)が、13日のオリックス戦で日本球界最速の「164キロ」を叩き出した。これまでの最速記録は、自身の持つ163キロ。三回、1死二、三塁の場面で糸井に投じた初球が、その記録を打ち破ったのだ。

 しかし、最速の余韻に浸る暇などなかった。大谷が腕を振り抜いた一瞬後、糸井のバットにはじき返されたボールは右翼前へ。走者2人がかえり、2点先制適時打とされた。結局、大谷は5回2失点でマウンドを降りた。

「内容的には、ランナーを出してからが課題ですね」と降板後に話した大谷。先発復帰した前回も2回1失点と、ピリッとしなかった。この日も直球の制球が定まらず、初回は三者凡退ながら荒れに荒れた。だからこそ糸井にコースを絞られ、バットを折りながらも最速球を安打にされた。球速は164キロでも、キレと伸びを欠いた証拠でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  10. 10

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

もっと見る