大谷と翔のバットで首位浮上も ハムは“抑え代役”吉川次第

公開日:  更新日:

 日本ハムが中軸の活躍で単独首位に浮上した。

 9日の楽天戦は初回に4点を先制。七回に大谷が中押し適時打を放つと、九回は中田の24号3ランでダメを押した。首位のソフトバンクがオリックスに敗れたため、日本ハムは8月25日以来、15日ぶりの首位浮上だ。

 3、4番が効果的な当たりを放って打線は文句なし。問題は投手だ。この日は先発の増井が4連勝で7勝目。しかし、試合を締めくくるべき抑えが心もとない。足首の故障で戦列を離れたマーティンの代役がまだ、不確定なのだ。

 候補は左腕の吉川。6点リードの九回、抑え転向2試合目のマウンドに上って1安打無失点で切り抜けたものの、なにしろ点差が開いていた。7日のロッテ戦では1点リードの九回に登板して四球と安打で試合を振り出しに戻したばかり。現状を考えたら、とてもじゃないが安心して最終回を任せられる存在とは言えないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る