大谷と翔のバットで首位浮上も ハムは“抑え代役”吉川次第

公開日: 更新日:

 日本ハムが中軸の活躍で単独首位に浮上した。

 9日の楽天戦は初回に4点を先制。七回に大谷が中押し適時打を放つと、九回は中田の24号3ランでダメを押した。首位のソフトバンクオリックスに敗れたため、日本ハムは8月25日以来、15日ぶりの首位浮上だ。

 3、4番が効果的な当たりを放って打線は文句なし。問題は投手だ。この日は先発の増井が4連勝で7勝目。しかし、試合を締めくくるべき抑えが心もとない。足首の故障で戦列を離れたマーティンの代役がまだ、不確定なのだ。

 候補は左腕の吉川。6点リードの九回、抑え転向2試合目のマウンドに上って1安打無失点で切り抜けたものの、なにしろ点差が開いていた。7日のロッテ戦では1点リードの九回に登板して四球と安打で試合を振り出しに戻したばかり。現状を考えたら、とてもじゃないが安心して最終回を任せられる存在とは言えないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  10. 10

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

もっと見る