• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷と翔のバットで首位浮上も ハムは“抑え代役”吉川次第

 日本ハムが中軸の活躍で単独首位に浮上した。

 9日の楽天戦は初回に4点を先制。七回に大谷が中押し適時打を放つと、九回は中田の24号3ランでダメを押した。首位のソフトバンクがオリックスに敗れたため、日本ハムは8月25日以来、15日ぶりの首位浮上だ。

 3、4番が効果的な当たりを放って打線は文句なし。問題は投手だ。この日は先発の増井が4連勝で7勝目。しかし、試合を締めくくるべき抑えが心もとない。足首の故障で戦列を離れたマーティンの代役がまだ、不確定なのだ。

 候補は左腕の吉川。6点リードの九回、抑え転向2試合目のマウンドに上って1安打無失点で切り抜けたものの、なにしろ点差が開いていた。7日のロッテ戦では1点リードの九回に登板して四球と安打で試合を振り出しに戻したばかり。現状を考えたら、とてもじゃないが安心して最終回を任せられる存在とは言えないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

もっと見る