ソフトB&ハム要注意 最下位オリの意地がパ覇者を決める

公開日: 更新日:

 また順位が入れ替わった。首位・日本ハムと2位ソフトバンクの熾烈な優勝争い。1ゲーム差で迎えた14日は、日ハムがオリックスに敗れ、ソフトバンクが楽天に勝ったため、ゲーム差なしでソフトバンクが首位に再浮上した。

 直接対決は残り2試合。ここで連勝した方が優勝に近づくのは間違いないが、「キーマン」になるのが最下位オリックス。ソフトバンクは3試合、日ハムは2試合の対戦を残しているからだ。

 ソフトバンクは後半戦、オリックスに2勝8敗と大きく負け越し、日ハムに追いつかれる要因になった。日ハムは15勝7敗1分けで勝ち越しているが、この日はエースの有原がKO、救援した斎藤が火に油を注いで3失点するなど大敗した。

 僅差で優勝争いをする終盤は、「とりこぼした方が負け」だ。中でも、最下位チーム相手に星を落として優勝を逃すことは往々にしてある。最たる例が88年の近鉄だ。最下位ロッテとのダブルヘッダー第2戦、延長十回引き分けに終わり、優勝を逃した。いわゆる「10.19」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る