ソフトB&ハム要注意 最下位オリの意地がパ覇者を決める

公開日: 更新日:

 また順位が入れ替わった。首位・日本ハムと2位ソフトバンクの熾烈な優勝争い。1ゲーム差で迎えた14日は、日ハムがオリックスに敗れ、ソフトバンクが楽天に勝ったため、ゲーム差なしでソフトバンクが首位に再浮上した。

 直接対決は残り2試合。ここで連勝した方が優勝に近づくのは間違いないが、「キーマン」になるのが最下位オリックス。ソフトバンクは3試合、日ハムは2試合の対戦を残しているからだ。

 ソフトバンクは後半戦、オリックスに2勝8敗と大きく負け越し、日ハムに追いつかれる要因になった。日ハムは15勝7敗1分けで勝ち越しているが、この日はエースの有原がKO、救援した斎藤が火に油を注いで3失点するなど大敗した。

 僅差で優勝争いをする終盤は、「とりこぼした方が負け」だ。中でも、最下位チーム相手に星を落として優勝を逃すことは往々にしてある。最たる例が88年の近鉄だ。最下位ロッテとのダブルヘッダー第2戦、延長十回引き分けに終わり、優勝を逃した。いわゆる「10.19」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る