リオ銅の奥原に初勝利も…バド山口茜に足りない“貪欲さ”

公開日:  更新日:

 リオ五輪の準々決勝の再戦は10代の若手に軍配が上がった。

 23日のバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン準々決勝で世界ランク12位の山口茜(19)がリオ五輪銅メダルで同5位の奥原希望(21)を2-0で下し、24日の準決勝進出を決めた。山口は国際大会7度目の対戦で初めて奥原を破り、リオでの雪辱を果たした。

 女子シングルスでは奥原の陰に隠れて目立たない存在だが、山口の実力は折り紙付き。12年12月に史上最年少の15歳で日本代表入り。翌13年のヨネックス・オープン・ジャパンは同大会で日本勢で初めて優勝し、世界バドミントン連盟(BWF)主催のスーパーシリーズ史上最年少(16歳3カ月16日)優勝記録を打ち立てた。14年にはランキング上位8人が出場するスーパーシリーズファイナルで3位に入る快挙を見せたが、昨年の同大会を制した奥原のように大舞台で頂点に立てないのは、「技術やフィジカルよりもメンタルの弱さ」と指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る