リオ銅の奥原に初勝利も…バド山口茜に足りない“貪欲さ”

公開日:  更新日:

 リオ五輪の準々決勝の再戦は10代の若手に軍配が上がった。

 23日のバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン準々決勝で世界ランク12位の山口茜(19)がリオ五輪銅メダルで同5位の奥原希望(21)を2-0で下し、24日の準決勝進出を決めた。山口は国際大会7度目の対戦で初めて奥原を破り、リオでの雪辱を果たした。

 女子シングルスでは奥原の陰に隠れて目立たない存在だが、山口の実力は折り紙付き。12年12月に史上最年少の15歳で日本代表入り。翌13年のヨネックス・オープン・ジャパンは同大会で日本勢で初めて優勝し、世界バドミントン連盟(BWF)主催のスーパーシリーズ史上最年少(16歳3カ月16日)優勝記録を打ち立てた。14年にはランキング上位8人が出場するスーパーシリーズファイナルで3位に入る快挙を見せたが、昨年の同大会を制した奥原のように大舞台で頂点に立てないのは、「技術やフィジカルよりもメンタルの弱さ」と指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る