日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ銅の奥原に初勝利も…バド山口茜に足りない“貪欲さ”

 リオ五輪の準々決勝の再戦は10代の若手に軍配が上がった。

 23日のバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン準々決勝で世界ランク12位の山口茜(19)がリオ五輪銅メダルで同5位の奥原希望(21)を2-0で下し、24日の準決勝進出を決めた。山口は国際大会7度目の対戦で初めて奥原を破り、リオでの雪辱を果たした。

 女子シングルスでは奥原の陰に隠れて目立たない存在だが、山口の実力は折り紙付き。12年12月に史上最年少の15歳で日本代表入り。翌13年のヨネックス・オープン・ジャパンは同大会で日本勢で初めて優勝し、世界バドミントン連盟(BWF)主催のスーパーシリーズ史上最年少(16歳3カ月16日)優勝記録を打ち立てた。14年にはランキング上位8人が出場するスーパーシリーズファイナルで3位に入る快挙を見せたが、昨年の同大会を制した奥原のように大舞台で頂点に立てないのは、「技術やフィジカルよりもメンタルの弱さ」と指摘する声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事