• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

付かず離れず10年…バド金「タカマツ」ペアの微妙な関係

 世界ランキング1位ペアが大逆転で頂点に立った。

 リオ五輪バドミントン女子ダブルスの決勝が18日(日本時間19日未明)に行われ、日本の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が、世界ランク6位のクリスティナ・ペーダーセン(30)、カミラ・リュダユール(32)のデンマーク・ペアを2-1で破り、日本初の金メダルを獲得した。

 高橋、松友の2人は過去11戦して7勝4敗、直近の対戦では5連勝と相性のいいデンマーク・ペアに苦戦を強いられる。いずれも身長180センチ前後の相手の高さに翻弄され、自らのサーブミスもあって第1ゲームを落とした。

 これまで上背のある海外勢には素早い展開で対抗してきた日本ペア。第2ゲームは一転して主導権を握る。相手の体力の消耗を狙って前後左右へ強弱を付けてのスマッシュやショットで揺さぶりをかけ、4度の連続ポイントを奪うなど、一方的な内容でタイに持ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る