付かず離れず10年…バド金「タカマツ」ペアの微妙な関係

公開日: 更新日:

 世界ランキング1位ペアが大逆転で頂点に立った。

 リオ五輪バドミントン女子ダブルスの決勝が18日(日本時間19日未明)に行われ、日本の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組が、世界ランク6位のクリスティナ・ペーダーセン(30)、カミラ・リュダユール(32)のデンマーク・ペアを2-1で破り、日本初の金メダルを獲得した。

 高橋、松友の2人は過去11戦して7勝4敗、直近の対戦では5連勝と相性のいいデンマーク・ペアに苦戦を強いられる。いずれも身長180センチ前後の相手の高さに翻弄され、自らのサーブミスもあって第1ゲームを落とした。

 これまで上背のある海外勢には素早い展開で対抗してきた日本ペア。第2ゲームは一転して主導権を握る。相手の体力の消耗を狙って前後左右へ強弱を付けてのスマッシュやショットで揺さぶりをかけ、4度の連続ポイントを奪うなど、一方的な内容でタイに持ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る