3決の相手が故障棄権 バド奥原希望“棚から銅メダル”

公開日:  更新日:

 奥原希望(21)に、思わぬ形でメダルが転がり込んできた。

 奥原は日本時間19日未明に行われたリオ五輪バドミントン女子シングルス準決勝で敗退。3位決定戦に回ることになり、「素直に悔しい。相手の長身からの強打にプレッシャーを受けて、自分の球回しができなかった」と唇を噛んだ。この種目で日本勢初となるメダル獲得を懸けた3位決定戦に向け、「勝っても負けてもラスト1試合。自分の力を出し切りたい」と気持ちを切り替えた約8時間後、まさかの一報が入ってきたのである。

 19日午後8時半から始まるはずだった3位決定戦の相手、中国の李雪芮(25)が準決勝で痛めた左ヒザの故障を理由に棄権する、と中国協会が発表。中国国営通信の新華社やリオ五輪公式情報サイトが伝えたのだ。

 李は前回ロンドン五輪の金メダリストで世界ランク3位の強豪。世界ランク6位の奥原は過去の対戦成績で1勝2敗と分が悪く、今年3月のドイツオープンでは第1セットを21-15で取りながら、第2セットから13-21、13-21と圧倒されて逆転負けを食らっていた。奥原にとっては厳しい試合になることが予想されていただけに、よもやの「棚から銅メダル」に心境は複雑だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る