阪神も対岸の火事じゃない 最下位中日に飛んだ怒号とヤジ

公開日:  更新日:

「辞めろ!」

 25日に行われた中日の本拠地最終戦後のセレモニー。佐々木球団社長が今年の低迷に対する懺悔に加え、来年への決意表明を新たにすると、3万8000人が押し寄せたスタンドからは容赦ないヤジが飛んだ。

 致し方ない。本拠地で5位・阪神相手に2戦連続の完封負け。ナゴヤドームが開業した97年以来となる最下位が決定したからだ。

 ヤジの多くは、就任3年間でチームをボロボロにした落合GMに向けられたものだったのかもしれない。まもなく決まる新監督の下、巻き返しを図りたいところだが、若手の育成は思うように進まず、今オフはFA権を取得した平田、大島が他球団に移籍する可能性がある。

 かといって大型補強をやるという話も聞こえてこない。同じくファンに挨拶した選手会長の大野が「今ここで来年も応援してくださいと、軽々しく言えない。また応援したいと思っていただけるようなチームづくりをしないといけない」と編成面に言及したほどなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る