阪神も対岸の火事じゃない 最下位中日に飛んだ怒号とヤジ

公開日:  更新日:

「辞めろ!」

 25日に行われた中日の本拠地最終戦後のセレモニー。佐々木球団社長が今年の低迷に対する懺悔に加え、来年への決意表明を新たにすると、3万8000人が押し寄せたスタンドからは容赦ないヤジが飛んだ。

 致し方ない。本拠地で5位・阪神相手に2戦連続の完封負け。ナゴヤドームが開業した97年以来となる最下位が決定したからだ。

 ヤジの多くは、就任3年間でチームをボロボロにした落合GMに向けられたものだったのかもしれない。まもなく決まる新監督の下、巻き返しを図りたいところだが、若手の育成は思うように進まず、今オフはFA権を取得した平田、大島が他球団に移籍する可能性がある。

 かといって大型補強をやるという話も聞こえてこない。同じくファンに挨拶した選手会長の大野が「今ここで来年も応援してくださいと、軽々しく言えない。また応援したいと思っていただけるようなチームづくりをしないといけない」と編成面に言及したほどなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る