オリックス助っ人はクビだらけ 契約延長する選手は誰?

公開日: 更新日:

 球団主催の“日本旅行”は満喫できたか。

 4日、オリックスの助っ人たちが続々と帰国。ブランコ(35)、ディクソン(31)、モレル(29)の3人が機上の人となった。すでに帰国済みのコーディエ(30)やクラーク(29)など、今季は7人の外国人選手を抱えていたオリックス。彼らはいずれも契約延長、あるいは日本でのプレーを希望しているが……。

 ある球団OBは「来季が2年契約の最終年となるディクソン、4番を打ったモレル以外は全員クビです」と、こう話す。

「当初はモレルも戦力外の予定だったが、7、8月にそこそこ活躍したものだから球団も迷ったそうです。そこで『年俸1億円じゃ高すぎるから』と、ダメ元で半額の5000万円ほどを提示。モレルも金額には不満はないそうで、残留はほぼ決まりと聞いている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る