日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリックス助っ人はクビだらけ 契約延長する選手は誰?

 球団主催の“日本旅行”は満喫できたか。

 4日、オリックスの助っ人たちが続々と帰国。ブランコ(35)、ディクソン(31)、モレル(29)の3人が機上の人となった。すでに帰国済みのコーディエ(30)やクラーク(29)など、今季は7人の外国人選手を抱えていたオリックス。彼らはいずれも契約延長、あるいは日本でのプレーを希望しているが……。

 ある球団OBは「来季が2年契約の最終年となるディクソン、4番を打ったモレル以外は全員クビです」と、こう話す。

「当初はモレルも戦力外の予定だったが、7、8月にそこそこ活躍したものだから球団も迷ったそうです。そこで『年俸1億円じゃ高すぎるから』と、ダメ元で半額の5000万円ほどを提示。モレルも金額には不満はないそうで、残留はほぼ決まりと聞いている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事