新規参入5年でCSへ DeNA前オーナーは快挙どう見た<後編>

公開日:  更新日:

 球団史上初のCS進出を果たしたDeNA。前オーナーの春田真氏(47=株式会社ベータカタリスト代表取締役CEO)に球団経営の考え方、今後のプロ野球界の在り方について話を聞いた。

■チーム作りのモデルは日本ハム

――球団運営ではどんな構想をお持ちでしたか?

「日本ハムのチームづくりをモデルにしたかったので、日本ハムでGMを務められていた高田さんにGMをお願いしました。日本ハムは監督が代わっても常にCS争いをし、何年に1回か優勝している。FAなどで選手がいなくなっても次の選手が出てくる。選手は急には育たない。5年、10年後を見て、年俸は何億になっているか、FA権はいつ取るのかなどを想定し、ドラフト方針も決める。チームづくりを最もシステマチックに考えている球団だと思います。

 球団経営でいうと、当初は『3年でCS、5年で優勝』という目標は掲げたが、勝ち負けはあくまで結果でしかない。球団とすればいかにファンを掴めるかであって、ビジネスサイズを大きくしていくことが大事。ファンの大半は球場に年に1、2回来てくれたらいい方。今季の勝率は約5割。勝つかもねという期待感の中で、負けちゃったけど球場に行ってよかったと思ってもらえる試合をし続けることができるかどうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る