日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新規参入5年でCSへ DeNA前オーナーは快挙どう見た<後編>

 球団史上初のCS進出を果たしたDeNA。前オーナーの春田真氏(47=株式会社ベータカタリスト代表取締役CEO)に球団経営の考え方、今後のプロ野球界の在り方について話を聞いた。

■チーム作りのモデルは日本ハム

――球団運営ではどんな構想をお持ちでしたか?

「日本ハムのチームづくりをモデルにしたかったので、日本ハムでGMを務められていた高田さんにGMをお願いしました。日本ハムは監督が代わっても常にCS争いをし、何年に1回か優勝している。FAなどで選手がいなくなっても次の選手が出てくる。選手は急には育たない。5年、10年後を見て、年俸は何億になっているか、FA権はいつ取るのかなどを想定し、ドラフト方針も決める。チームづくりを最もシステマチックに考えている球団だと思います。

 球団経営でいうと、当初は『3年でCS、5年で優勝』という目標は掲げたが、勝ち負けはあくまで結果でしかない。球団とすればいかにファンを掴めるかであって、ビジネスサイズを大きくしていくことが大事。ファンの大半は球場に年に1、2回来てくれたらいい方。今季の勝率は約5割。勝つかもねという期待感の中で、負けちゃったけど球場に行ってよかったと思ってもらえる試合をし続けることができるかどうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事