• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

筒香、山口の去就も影響 ベイ初CS決定で年俸交渉“激化”へ

 球団史上初のCS進出を決めたDeNAは今後、グラウンド外でも“大一番”が控えている。オフの年俸交渉である。

 チームは横浜時代を含めて10年連続Bクラスに低迷。今年4月に選手会が発表した支配下選手の平均年俸は2440万円と5年連続で12球団ワーストだった。年俸1億円以上の日本人選手はわずか3人(三浦1.25億円、久保1.2億円、筒香1億円)という格安チームでCSを勝ち取ったのは立派だが、選手は「今年こそは給料を上げてもらう」と、腕まくりしているというのだ。

 最大の注目は主砲の筒香嘉智(24)だ。今季はここまで打率.319、40本塁打、102打点。2冠も視野に入れる大活躍を見せている。昨オフはチーム3冠の成績(打率.317、24本塁打、93打点)で5400万円増の1億円。高卒7年目での1億円到達は球団史上最速で、昇給額もチームトップだった。球団OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る