日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

イラク戦で判断力欠如を露呈 本田はついに賞味期限切れ

 テレビも新聞も「蛍の劇的ゴール」で持ち切りだね。W杯最終予選のイラク戦(6日)は、アディショナルタイム(公式記録は90+5分)にMF山口蛍のミドルシュートが決まった。日本が勝ち点3をゲットしたことについては、素直に「おめでとう」と言いたい。

 しかしながら選手の経験値、選手層、代表チームの強化体制などいろいろな角度から考えてイラクは「圧勝するのが当たり前」の相手だった。

 山口を褒めそやすのはほどほどにして、薄氷の勝利しか得られなかったことを深く考察し、今後の日本代表はどうあるべきか? 関係者は、知恵を振り絞って考えないといけない。

 イラク戦の劇的勝利の直後に脳裏に浮かんだのは「賞味期限」という言葉だった。どの選手を指しているのか? 試合をテレビ観戦したゲンダイ読者の皆さんも、思い当たる節があるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事