ハリル消沈…代表合宿はさながら“手倉森新党”旗揚げ前夜

公開日:  更新日:

 東京都知事に就任して以来、何かと話題を振りまいている小池百合子氏。今月30日には、自身が主催する政経塾「希望の塾」を都内で開講。この政経塾をベースに「小池新党」を立ち上げ、政局に風穴をあけようとしている――というのは政治の話だが、実は日本代表にも「新党ブームが飛び火した格好です」とは某ベテラン記者である。

「リオ五輪に出場した手倉森誠前五輪代表監督(48)が9月8日、日本代表のコーチに正式就任したが、この人事に対してハリルホジッチ代表監督(64)は『W杯予選中に成績不振を理由にオレのクビを切ろうとしているのか? テグラモリが後釜なんだな!』と激怒したといわれている。実際のところ、日本サッカー協会はハリルの能力に見切りをつけ、6日のW杯アジア最終予選イラク戦(埼玉スタジアム)と11日のオーストラリア戦(メルボルン)を1試合でも落としたらハリルを解任し、手倉森コーチを代表監督に昇格させる“政権交代”に踏み切るというシナリオを描いている。まずは11月11日の親善試合オマーン戦(カシマサッカースタジアム)で初采配を振らせ、4日後の15日に埼スタで行われるサウジアラビア戦の陣頭指揮を執らせる。この流れを代表選手たちも熟知しており、2日にさいたま市内で始まった代表合宿では、手倉森コーチと会話を交わす選手が日ごとに増えていき、さながら“手倉森新党の旗揚げ!”といったあんばいなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る