釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

イラク戦で判断力欠如を露呈 本田はついに賞味期限切れ

公開日: 更新日:

 10年南アW杯から日本代表の屋台骨を担ってきたMF本田である。イラク戦の本田をひと言で評すると「バランスが悪かった」に尽きる。

 ボールを受けてからパスを出すべきか、ドリブルすべきか、シュートすべきか、その判断に迷いが見て取れた。判断力の欠如で本田自身のプレーがギクシャクし、当然チームのバランスも崩れてしまった。

 これは所属するミランで出番が少なく、試合勘を失っていることも無関係ではあるまい。ミスを恐れるあまり「安全にプレーしよう」という意識も伝わってきた。

 これでは、本田本来のダイナミックなプレーは期待できない。30歳と老け込むにはまだ早いが、ついに本田も賞味期限切れになってしまったか……と思わないではいられなかった。

 1トップで先発したFW岡崎は、彼らしいガムシャラなプレーで何とか決定機をつくろうと必死だった。しかし、必死にプレーすること=ストライカーの仕事ではない。効率良くシュートチャンスを待ち、決定機では落ち着いてゴール枠内にボールを流し込むことがFWの役目である。岡崎にも試合勘の問題もあったと思うが、彼にも“本田と同じような気配”を感じてしまったのも事実。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る