堀琴音が日本女子OPの涙に言及 神埼京介氏はどう見た?

公開日:  更新日:

【富士通レディース 初日】

 初日は堀琴音(20)が5バーディー、ノーボギーの67で回り、5アンダーで首位発進となった。

「朝のスタート前の練習であまり調子が良くなかった。1センチくらいグリップを短く持ったら少し球がつかまるようになってきました」と好調の理由を語った。堀は、アマチュアの畑岡奈紗(17)に負け、涙を流した日本女子オープンについても振り返った。

「女子オープンでは負けてしまったのですが、すごく自信になりました。4日目の最後の18番まで優勝争いするのが初めてだった。結果は2位でしたが、何事にも自信を持ってプレーすることができています。それが良い結果につながっているのかなと。正直、早く優勝したいです」

 日本女子オープンは畑岡に負けて2位だったが、賞金は優勝の2800万円が手に入った。アマに負けた悔し涙のウラで、ごほうびはしっかりもらっていた。うれし涙ならまだしも、負けて泣くとはプロとして情けなくないか。作家でゴルフファンの神崎京介氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る