• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

堀琴音が日本女子OPの涙に言及 神埼京介氏はどう見た?

【富士通レディース 初日】

 初日は堀琴音(20)が5バーディー、ノーボギーの67で回り、5アンダーで首位発進となった。

「朝のスタート前の練習であまり調子が良くなかった。1センチくらいグリップを短く持ったら少し球がつかまるようになってきました」と好調の理由を語った。堀は、アマチュアの畑岡奈紗(17)に負け、涙を流した日本女子オープンについても振り返った。

「女子オープンでは負けてしまったのですが、すごく自信になりました。4日目の最後の18番まで優勝争いするのが初めてだった。結果は2位でしたが、何事にも自信を持ってプレーすることができています。それが良い結果につながっているのかなと。正直、早く優勝したいです」

 日本女子オープンは畑岡に負けて2位だったが、賞金は優勝の2800万円が手に入った。アマに負けた悔し涙のウラで、ごほうびはしっかりもらっていた。うれし涙ならまだしも、負けて泣くとはプロとして情けなくないか。作家でゴルフファンの神崎京介氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る