公表はロッテのみ 豊作ドラフトで「1位候補」逡巡の理由

公開日:  更新日:

 ドラフト会議を直前に控えた18日。ほとんどの球団でスカウト会議が行われたものの、1位候補を公表したのはいまだ田中正義(創価大)にいくロッテだけ。

 各球団の編成担当者たちは一様に、重たいクチを開いて「3~4人に絞った。最終決定は前日か当日になる」と言うのがやっと。1位は決まってるけど言えないのならまだしも、「3~4人に絞った」だけなのだ。

 この期に及んで1位候補が「3~4人」もいたんじゃ絞ったことになるとは思えないし、「3~4人」の中身はどの球団も似たり寄ったり。田中を筆頭に柳(明大)、佐々木(桜美林大)の大学ビッグ3に加え、高校生の今井(作新学院)、寺島(履正社)などの決まりきった名前があがるばかり。「今年は豊作」のはずなのに、どの球団もいまだ1位候補を絞り切れていないようなのだ。

「例年と比べて投手が粒ぞろいなのは事実で、1位候補の平均点は確かに高い。けれどもそれぞれに傷があって、評価が割れている。絞りたくても絞れないのが正直なところでしょう」と在京球団のあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る