公表はロッテのみ 豊作ドラフトで「1位候補」逡巡の理由

公開日: 更新日:

 ドラフト会議を直前に控えた18日。ほとんどの球団でスカウト会議が行われたものの、1位候補を公表したのはいまだ田中正義(創価大)にいくロッテだけ。

 各球団の編成担当者たちは一様に、重たいクチを開いて「3~4人に絞った。最終決定は前日か当日になる」と言うのがやっと。1位は決まってるけど言えないのならまだしも、「3~4人に絞った」だけなのだ。

 この期に及んで1位候補が「3~4人」もいたんじゃ絞ったことになるとは思えないし、「3~4人」の中身はどの球団も似たり寄ったり。田中を筆頭に柳(明大)、佐々木(桜美林大)の大学ビッグ3に加え、高校生の今井(作新学院)、寺島(履正社)などの決まりきった名前があがるばかり。「今年は豊作」のはずなのに、どの球団もいまだ1位候補を絞り切れていないようなのだ。

「例年と比べて投手が粒ぞろいなのは事実で、1位候補の平均点は確かに高い。けれどもそれぞれに傷があって、評価が割れている。絞りたくても絞れないのが正直なところでしょう」と在京球団のあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る