開幕戦ドタキャンで大迷惑 ウッズのイメージはさらに悪化

公開日: 更新日:

 タイガー・ウッズが出場予定だった先週の2016-17年シーズン開幕戦、セーフウェイオープンをドタキャンしたことに、「自分勝手なパフォーマンスではないか?」と米ゴルフ界では批判が高まっている。

 ウッズにとって最大スポンサーのナイキが、ゴルフクラブやボールのビジネスから撤退し、今後のスポンサー契約がどうなるのか分からない不透明な状況だ。だから開幕戦では、ウッズがどのメーカーのクラブやボールを使うのかにも関心が集まった。

「試合に出て活躍しない限り、ファンにも忘れられて、ウッズの商品価値は下がり続けるばかり。スポンサー契約金にも響く。だから、いつまでも試合を休んでばかりいられない。話題作りもあって、開幕戦に出ると公言して、実際にエントリーした。ところが、いざ練習を開始してみたら、まともにプレーできる状態ではなかった。そこで、エントリー3日後の、試合開催週の月曜日になって突然キャンセルしたんです」(ゴルフライター・吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る