五輪、賞金にも無関心 10億円逃した松山英樹の“ゴルフ道”

公開日: 更新日:

【ツアー選手権】

「最後にボロが出た」

 米ツアートップ30選手しか出場できないプレーオフシリーズ最終戦。

 3年連続出場の松山英樹(24)にとって、72ホール目のダブルボギーが痛かった。

 今年は初日1位、2日目3位、3日目5位と上位をキープ。最終日は首位と3打差スタートだけに十分に優勝が狙えるポジションだった。

 今大会はメジャーに次ぐ重みのあるタイトル。ボーナス10億円の年間王者が決まるだけに選手にも重圧がかかる。ポイントランク1位に立ち、初タイトルに王手をかけていた首位発進のD・ジョンソン(32)が73と崩れて6位に終わったことでもよくわかる。

 この日の松山は通算8アンダーと3つスコアを伸ばして迎えた最終18番パー5は3日間ともバーディーを奪い、相性のいいホール。松山の飛距離なら十分に2オンが狙え、イーグルを奪えば2ケタアンダーまでスコアを伸ばすことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る