日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪、賞金にも無関心 10億円逃した松山英樹の“ゴルフ道”

【ツアー選手権】

「最後にボロが出た」

 米ツアートップ30選手しか出場できないプレーオフシリーズ最終戦。

 3年連続出場の松山英樹(24)にとって、72ホール目のダブルボギーが痛かった。

 今年は初日1位、2日目3位、3日目5位と上位をキープ。最終日は首位と3打差スタートだけに十分に優勝が狙えるポジションだった。

 今大会はメジャーに次ぐ重みのあるタイトル。ボーナス10億円の年間王者が決まるだけに選手にも重圧がかかる。ポイントランク1位に立ち、初タイトルに王手をかけていた首位発進のD・ジョンソン(32)が73と崩れて6位に終わったことでもよくわかる。

 この日の松山は通算8アンダーと3つスコアを伸ばして迎えた最終18番パー5は3日間ともバーディーを奪い、相性のいいホール。松山の飛距離なら十分に2オンが狙え、イーグルを奪えば2ケタアンダーまでスコアを伸ばすことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事