五輪、賞金にも無関心 10億円逃した松山英樹の“ゴルフ道”

公開日:  更新日:

【ツアー選手権】

「最後にボロが出た」

 米ツアートップ30選手しか出場できないプレーオフシリーズ最終戦。

 3年連続出場の松山英樹(24)にとって、72ホール目のダブルボギーが痛かった。

 今年は初日1位、2日目3位、3日目5位と上位をキープ。最終日は首位と3打差スタートだけに十分に優勝が狙えるポジションだった。

 今大会はメジャーに次ぐ重みのあるタイトル。ボーナス10億円の年間王者が決まるだけに選手にも重圧がかかる。ポイントランク1位に立ち、初タイトルに王手をかけていた首位発進のD・ジョンソン(32)が73と崩れて6位に終わったことでもよくわかる。

 この日の松山は通算8アンダーと3つスコアを伸ばして迎えた最終18番パー5は3日間ともバーディーを奪い、相性のいいホール。松山の飛距離なら十分に2オンが狙え、イーグルを奪えば2ケタアンダーまでスコアを伸ばすことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る