監督自ら査定アップ要望か 中日大島残留に“森GM”の存在

公開日:  更新日:

「いろいろ動いてくれたんだと思います」

 31日、中日の大島洋平(30)が、FA権を行使せず残留することを表明。契約内容には言及しなかったが、今季年俸9000万円から約1.7倍増となる1億5000万円の3年契約とみられる条件を提示され、「森監督は大学(駒大)の先輩でもありますし、『一番残してほしい選手だ』と言っていると(西山)代表から聞きました」と、新監督の存在が残留決断の決め手になったことを明かした。

 つい先日まで雲行きは怪しかった。9月下旬にスタートした2度の下交渉では、球団の提示と大島の希望額に大きな開きがあり、決裂の雰囲気が漂った。大島は13年オフに落合GMが就任して以降、契約更改で何度も辛酸をなめてきた経緯もあり、巨人など複数球団が「移籍の可能性は大」と水面下で調査を進めていたという。

■本当のGMは出番なし

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る