監督自ら査定アップ要望か 中日大島残留に“森GM”の存在

公開日: 更新日:

「いろいろ動いてくれたんだと思います」

 31日、中日大島洋平(30)が、FA権を行使せず残留することを表明。契約内容には言及しなかったが、今季年俸9000万円から約1.7倍増となる1億5000万円の3年契約とみられる条件を提示され、「森監督は大学(駒大)の先輩でもありますし、『一番残してほしい選手だ』と言っていると(西山)代表から聞きました」と、新監督の存在が残留決断の決め手になったことを明かした。

 つい先日まで雲行きは怪しかった。9月下旬にスタートした2度の下交渉では、球団の提示と大島の希望額に大きな開きがあり、決裂の雰囲気が漂った。大島は13年オフに落合GMが就任して以降、契約更改で何度も辛酸をなめてきた経緯もあり、巨人など複数球団が「移籍の可能性は大」と水面下で調査を進めていたという。

■本当のGMは出番なし

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る