初ドラフトで森監督が存在感 求心力低下の落合GM蚊帳の外

公開日: 更新日:

 初めてドラフト会議に出席した中日森繁和新監督(61)が存在感を見せた。「大学ビッグ3」の一角、明大・柳裕也を1位指名。入札ではDeNAと競合したものの、森監督が当たりクジを引き当てた。

 前日のスカウト会議では、今夏の甲子園優勝投手の作新学院・今井が最有力だった。が、森監督は「ウチに今一番必要なのは、オレが使いやすい投手。高校生にも素晴らしい投手がいたが、故障なく元気で丈夫そうな投手」と直前の控室で柳に変更したと明かした。

 2位は遊撃手の日大・京田を指名。上位に即戦力を並べた。中日の球団関係者は「今年のドラフトは森監督の意向が色濃く反映された」と言う。外国人補強などの編成権も一手に任されている森監督だが、編成責任者の落合博満GM(62)は何をやったのか。

「以前はスカウトが決めたドラフト1位を引っ繰り返したこともありましたけど、来年1月いっぱいで退団ともいわれていて、球団内で求心力を失っている。今ドラフトは森監督とスカウトが人選を進め、GMは口を挟まずに静かに聞いていた印象です」(前出の関係者)

 ドラフト会議後、森監督は担当の佐藤スカウトとともに東京都府中市の合宿所に駆けつけて指名挨拶。「頼むぞ。中日のドラフト1位のプライドを持って有終の美(六大学リーグ優勝)を飾ってほしい」と伝えたという。最後まで森監督の独壇場。落合GMは影が薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

もっと見る