初ドラフトで森監督が存在感 求心力低下の落合GM蚊帳の外

公開日: 更新日:

 初めてドラフト会議に出席した中日森繁和新監督(61)が存在感を見せた。「大学ビッグ3」の一角、明大・柳裕也を1位指名。入札ではDeNAと競合したものの、森監督が当たりクジを引き当てた。

 前日のスカウト会議では、今夏の甲子園優勝投手の作新学院・今井が最有力だった。が、森監督は「ウチに今一番必要なのは、オレが使いやすい投手。高校生にも素晴らしい投手がいたが、故障なく元気で丈夫そうな投手」と直前の控室で柳に変更したと明かした。

 2位は遊撃手の日大・京田を指名。上位に即戦力を並べた。中日の球団関係者は「今年のドラフトは森監督の意向が色濃く反映された」と言う。外国人補強などの編成権も一手に任されている森監督だが、編成責任者の落合博満GM(62)は何をやったのか。

「以前はスカウトが決めたドラフト1位を引っ繰り返したこともありましたけど、来年1月いっぱいで退団ともいわれていて、球団内で求心力を失っている。今ドラフトは森監督とスカウトが人選を進め、GMは口を挟まずに静かに聞いていた印象です」(前出の関係者)

 ドラフト会議後、森監督は担当の佐藤スカウトとともに東京都府中市の合宿所に駆けつけて指名挨拶。「頼むぞ。中日のドラフト1位のプライドを持って有終の美(六大学リーグ優勝)を飾ってほしい」と伝えたという。最後まで森監督の独壇場。落合GMは影が薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る