初ドラフトで森監督が存在感 求心力低下の落合GM蚊帳の外

公開日:  更新日:

 初めてドラフト会議に出席した中日の森繁和新監督(61)が存在感を見せた。「大学ビッグ3」の一角、明大・柳裕也を1位指名。入札ではDeNAと競合したものの、森監督が当たりクジを引き当てた。

 前日のスカウト会議では、今夏の甲子園優勝投手の作新学院・今井が最有力だった。が、森監督は「ウチに今一番必要なのは、オレが使いやすい投手。高校生にも素晴らしい投手がいたが、故障なく元気で丈夫そうな投手」と直前の控室で柳に変更したと明かした。

 2位は遊撃手の日大・京田を指名。上位に即戦力を並べた。中日の球団関係者は「今年のドラフトは森監督の意向が色濃く反映された」と言う。外国人補強などの編成権も一手に任されている森監督だが、編成責任者の落合博満GM(62)は何をやったのか。

「以前はスカウトが決めたドラフト1位を引っ繰り返したこともありましたけど、来年1月いっぱいで退団ともいわれていて、球団内で求心力を失っている。今ドラフトは森監督とスカウトが人選を進め、GMは口を挟まずに静かに聞いていた印象です」(前出の関係者)

 ドラフト会議後、森監督は担当の佐藤スカウトとともに東京都府中市の合宿所に駆けつけて指名挨拶。「頼むぞ。中日のドラフト1位のプライドを持って有終の美(六大学リーグ優勝)を飾ってほしい」と伝えたという。最後まで森監督の独壇場。落合GMは影が薄かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る