• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

組閣補強とも順調 中日森新監督に“脱落合GM”の動き

 森繁和新監督(61)が率いることになった中日の来季組閣が順調に進んでいる。土井正博元西武ヘッドコーチ(72)が打撃コーチに、森脇浩司前オリックス監督(56)がチーフ格の野手コーチに就任する人事が内定したと報じられ、同時に球界では「落合GMにもさすがに焦りがある。GMの契約は来年1月まで。谷繁監督を解任したことで『編成トップの責任はないのか!』と自身に批判が集中し、1月以降の処遇は未定という状態。なんとか球団に影響力を残そうと、子飼いの森新監督の意見を聞きながら、懸命に汗をかいているらしい」などとする“解説”が広まっている。

 が、落合GMにそんな「人脈」と「交渉力」があるのか。落合GMは中日監督就任が決まった04年も、自ら声をかけたのは社会人時代に面識があった森投手コーチ(中日監督)と高代野手総合コーチ(阪神ヘッド)の2人だけ。その後、名参謀として落合政権を支えることになった森コーチにしても、現役時代は一緒に食事に行くことはおろか、言葉を交わしたことすらほとんどないという関係だった。マスコミ関係者から聞いた番号に電話をかけ、「オレだよ、落合」「あ!? どこのオチアイ?」という会話のあとに突然、就任要請をし、以降は森コーチと高代コーチに組閣をほぼ丸投げした。現役時代から一匹狼を気取った落合GMの人脈は今もその程度なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る