組閣補強とも順調 中日森新監督に“脱落合GM”の動き

公開日:  更新日:

 森繁和新監督(61)が率いることになった中日の来季組閣が順調に進んでいる。土井正博元西武ヘッドコーチ(72)が打撃コーチに、森脇浩司前オリックス監督(56)がチーフ格の野手コーチに就任する人事が内定したと報じられ、同時に球界では「落合GMにもさすがに焦りがある。GMの契約は来年1月まで。谷繁監督を解任したことで『編成トップの責任はないのか!』と自身に批判が集中し、1月以降の処遇は未定という状態。なんとか球団に影響力を残そうと、子飼いの森新監督の意見を聞きながら、懸命に汗をかいているらしい」などとする“解説”が広まっている。

 が、落合GMにそんな「人脈」と「交渉力」があるのか。落合GMは中日監督就任が決まった04年も、自ら声をかけたのは社会人時代に面識があった森投手コーチ(中日監督)と高代野手総合コーチ(阪神ヘッド)の2人だけ。その後、名参謀として落合政権を支えることになった森コーチにしても、現役時代は一緒に食事に行くことはおろか、言葉を交わしたことすらほとんどないという関係だった。マスコミ関係者から聞いた番号に電話をかけ、「オレだよ、落合」「あ!? どこのオチアイ?」という会話のあとに突然、就任要請をし、以降は森コーチと高代コーチに組閣をほぼ丸投げした。現役時代から一匹狼を気取った落合GMの人脈は今もその程度なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る