レ軍残留交渉も…ダルは年俸30億円で金満球団に狙われる

公開日: 更新日:

 現在、行われているメジャーのGMミーティング(アリゾナ州スコッツデール)で日本人投手の契約が注目を集めている。

 レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは8日(日本時間9日)、来季が6年契約の最終年となるダルビッシュ有(30)について「チームにとって非常に大切で、最高の投手。どこかの時点で代理人と話し合わないといけない」と再契約に前向きな姿勢を見せた。

 右肘手術から5月に復帰した今季のダルは17試合で7勝5敗、防御率3.41。直球は常時150キロ台半ばをマークし、100.1回で132奪三振。球威は完全に戻り、今季のカムバック賞候補にも挙がっている。

 再来年以降のダルの年俸は30億円に達すると算出する米国の野球アナリストは少なくない。

「ダルは来年8月に31歳と、年齢的に今後も、働きが計算できるだけに、ナショナルズの右腕シャーザーに匹敵する7年2億ドル(約202億円)の好条件を提示される可能性はあります。レンジャーズの本拠地『グローブライフ・パーク』は本塁打が出やすいため、FAで獲得に動いても好投手に敬遠される傾向がある。ダルほどのポテンシャルを持った投手は少ないだけに、レンジャーズも必死に引き留めを図るはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る