レ軍残留交渉も…ダルは年俸30億円で金満球団に狙われる

公開日:  更新日:

 現在、行われているメジャーのGMミーティング(アリゾナ州スコッツデール)で日本人投手の契約が注目を集めている。

 レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは8日(日本時間9日)、来季が6年契約の最終年となるダルビッシュ有(30)について「チームにとって非常に大切で、最高の投手。どこかの時点で代理人と話し合わないといけない」と再契約に前向きな姿勢を見せた。

 右肘手術から5月に復帰した今季のダルは17試合で7勝5敗、防御率3.41。直球は常時150キロ台半ばをマークし、100.1回で132奪三振。球威は完全に戻り、今季のカムバック賞候補にも挙がっている。

 再来年以降のダルの年俸は30億円に達すると算出する米国の野球アナリストは少なくない。

「ダルは来年8月に31歳と、年齢的に今後も、働きが計算できるだけに、ナショナルズの右腕シャーザーに匹敵する7年2億ドル(約202億円)の好条件を提示される可能性はあります。レンジャーズの本拠地『グローブライフ・パーク』は本塁打が出やすいため、FAで獲得に動いても好投手に敬遠される傾向がある。ダルほどのポテンシャルを持った投手は少ないだけに、レンジャーズも必死に引き留めを図るはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る