日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷翔平に米30球団が興味 GMミーティングで名前飛び交う

「大谷翔平」(22)の名前が、日米両国で飛び交っている。

 7日(日本時間8日)、米アリゾナ州スコッツデールでGMミーティングがスタート。米30球団のフロントや選手の代理人らが一堂に会するため、選手の補強などに関しても突っ込んだ話し合いがもたれる。その会場のあちこちで「オオタニ」の名前が囁かれているのだ。

 週末には日本でも「大谷詣で」が始まる。10~13日、来年のWBCに向けた日本代表の強化試合(対メキシコと対オランダ)が東京ドームで行われる。大谷は今回、代打かDHでの出場。165キロの剛速球は見られないものの、メジャー球団のスカウトがわざわざ来日する主な目的は大谷だという。

「9球団が東京ドームにスカウトを派遣するといいます」と、ナ・リーグのさるスカウトがこう続ける。


「わたしが知る限りではボストン(レッドソックス)、ツインズ、レンジャーズ、ドジャースあたりが行くようです。オランダのジェイアー・ジャージェンスという30歳の先発投手が目当ての球団も中にはありますが、大半は大谷マークだと聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事