新人王最終候補に選出も…ドジャース前田の受賞は困難か

公開日:

 ドジャース・前田健太(28)が全米野球記者協会(BBWAA)選出の新人王候補3人のうちの1人にノミネートされた。

 今季はチーム最多の32試合(175回3分の2)で同トップの16勝(11敗)、防御率3.48。ポストシーズン進出に貢献したが、受賞は難しい。同僚のコーリー・シーガー遊撃手(22)が157試合で打率3割8厘、26本塁打、72打点と、新人王どころかMVPの候補でもあるからだ。

 もっとも、日本人選手が新人王を手にする可能性は極めて低い。これまでも議論されてきたとはいえ、多くのBBWAA会員は日本のプロ野球で結果を残した選手を新人とみなすことに懐疑的だからだ。

 これまで新人王を受賞した日本人選手は1995年野茂(ドジャース)、2000年佐々木(マリナーズ)、01年イチロー(同)の3人だが、プロ野球で実績のある日本人選手が「新人」というのは無理があるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る