新人王最終候補に選出も…ドジャース前田の受賞は困難か

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(28)が全米野球記者協会(BBWAA)選出の新人王候補3人のうちの1人にノミネートされた。

 今季はチーム最多の32試合(175回3分の2)で同トップの16勝(11敗)、防御率3.48。ポストシーズン進出に貢献したが、受賞は難しい。同僚のコーリー・シーガー遊撃手(22)が157試合で打率3割8厘、26本塁打、72打点と、新人王どころかMVPの候補でもあるからだ。

 もっとも、日本人選手が新人王を手にする可能性は極めて低い。これまでも議論されてきたとはいえ、多くのBBWAA会員は日本のプロ野球で結果を残した選手を新人とみなすことに懐疑的だからだ。

 これまで新人王を受賞した日本人選手は1995年野茂(ドジャース)、2000年佐々木(マリナーズ)、01年イチロー(同)の3人だが、プロ野球で実績のある日本人選手が「新人」というのは無理があるのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る