• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

起用貧乏から点取り屋に覚醒 FW大迫はハリルの首繋ぐか

 大一番のロシアW杯最終予選サウジアラビア戦(15日=埼スタ)を控えた日本代表は11日、茨城カシマスタジアムでオマーンとテストマッチを行った。

 この試合の注目は14年ブラジルW杯ギリシャ戦以来、1年5カ月ぶりの代表戦出場となった独1部ケルン所属のFW大迫勇也(26)である。

 前半32分、その大迫が先制ゴールを決めた。

 左サイドからのクロスに倒れ込みながら豪快ヘッド! 約3年ぶりの代表ゴールに勢いづいた大迫は同42分、ワザありシュートでスタンドを沸かせた。ペナルティーエリア内で右足トラップ。左足でシュートを打つと見せかけてDFを幻惑。右足に持ち直して強烈ゴールを叩き込んだ。

「(元鹿島の)僕にとって特別なスタジアムで決められてうれしい」

 オマーン戦快勝の立役者となった大迫はこう言って笑顔を見せたが、ケルンに移籍した2年目の15―16年シーズンはサイドMFなどで起用されることが多かった。FWでプレーしたい大迫はモンモンとする時期が続き、シーズン終盤に「オオサコがホームシックにかかって打ちひしがれている」と地元メディアに興味本位に報じられたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る